1984年に加わったquestion markのQ。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか。 何だか日常がつまらない。 不思議な体験がしたい。 1984年にタイムスリップしたい。 ちょうど良かった。 そんな人にオススメの小説がある。 村上 春樹さんの『1Q84』だ。 1Q84 BOOK1〈4月ー6月…

小学四年生の刺激的な遊び。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 神様を信じている。 小学生に目がない。 真実はいつも1つだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 麻耶 雄嵩さんの『神様ゲーム』だ。 神様ゲーム posted with ヨメレバ 麻…

猟奇的な殺人鬼と正体不明の狂気。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? カエルが好きでよく食べてる。 どん!と返されたい。 猟奇的な事件が好きだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 中山 七里さんの『連続殺人鬼カエル男』だ。 連続殺人鬼カ…

バイオ・テクノロジーによって羽ばたく恐怖。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 蚕が好きで好きでたまらない。 将来、バイオ・テクノロジーの技術者になりたい。 キレイな絹織物に興味がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 篠田 節子さんの『絹の…

幻想的な闇に覆いかぶさる光。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 闇の中にいると落ち着くなぁ。 光が眩しくて目も開けられない。 おとぎ話のように生きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 服部 まゆみさんの『この闇と光』だ。 この…

2人だけの真実。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? なんだかよく騙される。 影に魅力を感じる。 読み応えのあるミステリーが読みたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 道尾 秀介さんの『シャドウ』だ。 シャドウ posted …

2人を招いた猫。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? お笑いの世界を見たい。 女芸人ってすごいよね。 自分には夢がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 山本 幸久さんの『笑う招き猫』だ。 笑う招き猫 posted with ヨメ…

若さゆえの熱量が胸を焦がす。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ピアスは耳にあけるものではない、舌にあけるものなんだ。 若いので刺青をいれてみたい。 危険なことに興味津々だ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 金原 ひとみさんの…

支配された最悪な仮想未来。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 1984年に思い入れがある。 みんなと同じ意見が嫌い。 誰でもいいから支配してほしい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 ジョージ・オーウェルさんの『一九八四年』だ…

砂にまみれた男。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 昆虫採集したい。 ミステリアスな女っていいよね。 砂に埋められた過去がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 安部 公房さんの『砂の女』だ。 砂の女 posted with ヨ…

些細な出会いと些細ではない恐怖。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 平凡な暮らしに飽きた。 出会い系をやってみたい。 やっぱホラーっていいよね。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 五十嵐 貴久さんの『リカ』だ。 リカ posted with ヨメ…

顔、顔、顔。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 自分イケメンですから。 他人の目が気になる。 顔って何? ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 安部 公房さんの『他人の顔』だ。 他人の顔 posted with ヨメレバ 安部 公房 …