宮下 奈都

緩やかに流れるリズム。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ピアノの音が好きだ。 緩やかな世界に身を任せたい。 ちょっと変わった職業に就きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 宮下 奈都さんの『鋼と羊の森』だ。 羊と鋼の森…