小説

盤上の上に広がる世界で咲いた才能。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 将棋が今熱い。 才能ってなんだろう。 ブラジル生まれの金髪美少女に目がない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 橋本 長道さんの『サラの柔らかな香車』だ。 サラの柔ら…

立ちはだかる雄大な脅威。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 海が好きだ。 それよりも老人が好きだ。 でも一番はカジキマグロが好きだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 ヘミングウェイさんの『老人と海』だ。 老人と海 posted wit…

愛しているから気持ち悪い。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 人形が好きでたまらない。 愛することは真剣なことだ。 人間なんて嫌いだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 山下 紘加さんの『ドール』だ。 ドール posted with ヨメレ…

抱きしめたい家族。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 家族が大好き。 嫁が不貞をはたらいている気がする。 誰でもいいから抱きしめたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 小島 信夫さんの『抱擁家族』だ。 抱擁家族 posted w…

見えない心が2人を繋ぐ。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 悪女に騙されたい。 暗躍する人生を歩みたい。 光と闇に触れたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 東野 圭吾さんの『白夜行』だ。 白夜行 posted with ヨメレバ 東野圭…

関西弁とゾウが叶える夢。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 自分を変えたい。 ガネーシャを信仰したい。 啓発本のような小説を読みたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 水野 敬也さんの『夢をかなえるゾウ』だ。 夢をかなえるゾ…

異国の地がジャーナリストを問う。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ネパールへ行ってみたい。 ジャーナリストになりたい。 王族になりたいけど、殺されたくはない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 米澤 穂信さんの『王とサーカス』だ。 …

その森の入り口はハンブルク空港。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ビートルズ『ノルウェイの森』は名曲だ。 激しく混乱し、動揺している。 自分が今どこにいるのかわからない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 村上 春樹さんの『ノルウ…

恋も友情も青春もマッチングアプリで。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 青春時代に戻りたい。 マッチングアプリに興味がある。 人とのつながりを大切にしたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 加藤シゲアキさんの『オルタネート』だ。 オル…

ノートに書かれた叫びのようなもの。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 母親の豊胸手術はきついものがある。 性って不思議だよね。 ノートで会話したい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 川上 未映子さんの『乳と卵』だ。 乳と卵 posted with…

目を凝らせば見える色。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 絵画があれば何もいらない。 持病の恋愛体質に困っている。 絵具は白しか使いたくない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 西 加奈子さんの『白いしるし』だ。 白いしるし…

変わりたい気持ちが生んだ形。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 幸せって1つじゃないよね。 美しいって何だろう。 ああ、整形したい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 姫野 カオルコさんの『整形美女』だ。 整形美女 posted with ヨメ…

悩める患者と滅茶苦茶な精神科医。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 精神科に行こうと思っているが躊躇している。 空中ブランコを飛んでみたい。 注射するのも、されるのも、どっちも好きだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 奥田 英朗さ…

熱くても熱くても。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? トンネルを愛している。 熱い場所が好きだ。 命がけの仕事に就きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 吉村 昭さんの『高熱隧道』だ。 高熱隧道 posted with ヨメレバ …

奇妙な館に閉じ込められて。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? クローズドサークルに閉じ込められたい。 ビックリしたい。 十角館に行ってみたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 綾辻 行人さんの『十角館の殺人』だ。 十角館の殺人 …

終わったけれど終わっていない。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? どんな時でも友情は大切なものだ。 戦時中ってどういう状況だったのだろう。 戦争は当事者にどんな傷をもたらしたのだろう。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 中脇 初枝…

娘の成長と親の成長。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 広告社に仕事を頼みたい。 ヤクザに狙われている。 別居中の娘に会いたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 荻原 浩さんの『なかよし小鳩組』だ。 なかよし小鳩組 poste…

どうか届きますように。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 家族がうっせぇわ。 夫婦とは何なんだろうか。 思えば言い訳ばかりの人生だった。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 西川 美和さんの『永い言い訳』だ。 永い言い訳 poste…

精神科医のイメージをぶち壊す。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 精神科医に行こうかと悩んでいる。 プール依存症である。 注射するのが好きだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 奥田 英朗さんの『イン・ザ・プール』だ。 イン・ザ・プ…

どんな名医にも治せやしない不治の病。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 病にかかったみたいだ、恋っていうんだ。 猟奇的であれば猟奇的であるほど興奮するんだ。 最近びっくりしていないな。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 我孫子武丸さんの…

暴れだすそれぞれの信仰。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 宗教に興味津々なお年頃。 神とは何なのか、教えて神様。 運命とは数奇なものだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 中村 文則さんの『教団X』だ。 教団X posted with ヨ…

フラッシュバックするから踊る。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 踊りたい、踊り続けたい。 勢いって大事だよね。 過去に押しつぶされそう。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 岡崎 隼人さんの『少女は踊る暗い腹の中踊る』だ。 少女は踊…

とらわれないものたちの抒情詩。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 子供の頃からスパイになりたい。 とらわれたくない。 なかなか存在に気づいてもらえない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 柳 広司さんの『ジョーカーゲーム』だ。 ジョ…

1984年に加わったquestion markのQ。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか。 何だか日常がつまらない。 不思議な体験がしたい。 1984年にタイムスリップしたい。 ちょうど良かった。 そんな人にオススメの小説がある。 村上 春樹さんの『1Q84』だ。 1Q84 BOOK1〈4月ー6月…

小学四年生の刺激的な遊び。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 神様を信じている。 小学生に目がない。 真実はいつも1つだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 麻耶 雄嵩さんの『神様ゲーム』だ。 神様ゲーム posted with ヨメレバ 麻…

猟奇的な殺人鬼と正体不明の狂気。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? カエルが好きでよく食べてる。 どん!と返されたい。 猟奇的な事件が好きだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 中山 七里さんの『連続殺人鬼カエル男』だ。 連続殺人鬼カ…

バイオ・テクノロジーによって羽ばたく恐怖。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 蚕が好きで好きでたまらない。 将来、バイオ・テクノロジーの技術者になりたい。 キレイな絹織物に興味がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 篠田 節子さんの『絹の…

幻想的な闇に覆いかぶさる光。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 闇の中にいると落ち着くなぁ。 光が眩しくて目も開けられない。 おとぎ話のように生きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 服部 まゆみさんの『この闇と光』だ。 この…

2人だけの真実。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? なんだかよく騙される。 影に魅力を感じる。 読み応えのあるミステリーが読みたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 道尾 秀介さんの『シャドウ』だ。 シャドウ posted …

2人を招いた猫。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? お笑いの世界を見たい。 女芸人ってすごいよね。 自分には夢がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 山本 幸久さんの『笑う招き猫』だ。 笑う招き猫 posted with ヨメ…