小説

現実と戦うため鍵を探す七人。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 鏡の中ってどうなっているのだろう? 学校や職場に行きたくない。 誰も気持ちをわかってくれない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは… ばーん! かがみの孤城とあ…

悪意が作り出した小説。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 猟奇殺人に興味津々だ。 低身長に悩んでいる。 恐るべき悪意に驚きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『ピエール・ルメートル』さんの... ばーん! 悲しみの…

光と影と罪と罰と。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 白鳥もコウモリも大好きだ。 罪と罰について考えることがある。 優しいだけの男に飽きた。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『東野圭吾』さんの… ばーん! 白鳥とコ…

現実が酷いから記す。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 戦争は人にどう影響していくのだろうか。 誰でもいいから他人の日記を読みたい。 少し狂い目がちょうどいい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『アゴタ-クリストフ…

舞い上がってるから掴めない。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? もう嫌、価値観って何? 大切なものを手にいれたい。 ビニールシートが好きで持ち歩いている。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『森絵都』さんの… ばーん! 風に…

いろんな女性の背中を押す。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 悩みがある。 嫌なことがある。 おまじないをかけてほしい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『西 加奈子』さんの... ばーん! おまじないとあらすじ。 おまじない…

思弁的だからあかんかった。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 思弁的になりたい。 もしくはそれで困っている。 人はなぜ人を殺すのだろう。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『町田 康』さんの... ばーん! 告白とあらすじ。 …

たまたま通りかかるわけがない。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 奇遇な出会いに憧れる。 夜に出歩くのが好き。 乙女に会いたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『森見 登美彦』さんの… ばーん! 夜は短し歩けよ乙女とあらすじ…

悪意と欺瞞に満ちた奇妙なもの。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? グロテスクの意味を知りたい。 女性たちの憎悪と欺瞞をのぞきたい。 階級社会ってほんと嫌。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『桐野 夏生』さんの... ばーん! グ…

無色透明の殺意。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 実は自分、透明人間なんです。 アイドルオタクでもあります。 たくさんのミステリに囲まれて余生を送りたいです。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『阿津川 辰海…

手紙が繋ぐスイカジュース。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 七つの子が好き。 文通をしてみたい。 日常に彩りを添えたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『加納 朋子』さんの... ばーん! ななつのことあらすじ。 ななつ…

ひねくれたええじゃないか。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 自分は間違っていない。 太陽の塔を見たい。 ええじゃないか、ええじゃないか。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 森見 登美彦さんの『太陽の塔』だ。 太陽の塔 posted wi…

浦島太郎と携帯電話と女子高生。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 浦島太郎が好きだった。 中国へ亡命したい。 30年後の日本へ行きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 矢作 俊彦さんの『ららら科學の子』だ。 ららら科學の子 poste…

風に吹かれたから本屋を襲う。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 本屋を襲いたい。 途中参加でいいから物語に入りたい。 ボブディランが好きでたまらない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 伊坂 幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッ…

この種の犯罪は存在しない。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ソ連の実態はどうなっていたのだろう。 凶悪な殺人鬼を知りたい。 危ない橋を渡りたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 トム・ロブ-スミスさんの『チャイルド44』だ。 …

不思議な道具が照らす光。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 藤子・F・不二雄先生は天才。 ドラえもんが好き。 少し不在だ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 辻村 深月さんの『凍りのくじら』だ。 凍りのくじら posted with ヨメレ…

80分しかもたない。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 最近、記憶が80分しかもたない。 大好きな数式がある。 逆に数学が嫌いだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 小川 洋子さんの『博士の愛した数式』だ。 博士の愛した数…

大切なことは目にはみえない。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 星が好きで仕方がない。 王子さまに会いたい。 大切なことを知りたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 サン・テグジュペリさんの『星の王子さま』だ。 星の王子さま po…

死ねないから戦う。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 戦争のことを知りたい。 必死に生きたい。 守りたかった約束がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 百田 尚樹さんの『永遠の0』だ。 永遠の0 posted with ヨメレバ 百…

おとぎ話のような殺意。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 昔話が読みたい。 現代のミステリに飽きた。 ちゃんと驚きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 青柳 碧人さんの『むかしむかしあるところに、死体がありました。』だ。…

対応できない恐怖。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 他人の家が気になる。 保険会社に就職したい。 本当の恐ろしさを知りたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 貴志 祐介さんの『黒い家』だ。 黒い家 posted with ヨメレ…

名もなき色、終わらない色。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 青ってすんごい素敵な色だ。 ボクサーになりたい。 何にでも名前をつけるのはナンセンスだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 町屋 良平さんの『青が破れる』だ。 青が破…

人生、壊せないものはない。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 最近つらいことが重なる。 婚約者に別の女性がいた。 幸せになりたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 よしもと ばななさんの『デッドエンドの思い出』だ。 デッドエン…

淡すぎて零れそう。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? とにかく無性にパンが食べたい。 淡い物語に浸りたい。 何だか疲れてしまったので柔らかくなりたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 瀧羽 麻子さんの『うさぎパン』だ。…

臆病な魔法使いに魔法をかけられて。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 魔法を使いたい。 マジシャンになりたい。 ボーイ・ミーツ・ガールが好き。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 相沢 沙呼さんの『午前零時のサンドリヨン』だ。 午前零時の…

人生とは一匹の猫と不思議な出会い。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 最近同じ夢をよく見る。 最近不思議な出会いをした。 いくじなし。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『住野 よる』さんの… ばーん! また、同じ夢を見ていたとあら…

死の議会は廃病院で。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 死にたい、と思ったことがある。 廃病院に常日頃から通っている。 ヘルペスにかかった。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 冲方 丁さんの『十二人の死にたい子どもたち』だ…

夢と前兆を信じるということ。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 旅に出たい。 ピラミッドを目指したい。 夢と前兆を信じたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 パウロ・コエーリョさんの『アルケミスト-夢を旅した少年』だ。 アルケミ…

もう1度噛みしめたい思い出。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? おやつが食べたい。 ライオンって強そうだ。 1日1日を大事にして生きていきたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 小川 糸さんの『ライオンのおやつ』だ。 ライオンのお…

残酷なのは人か、それ以外か。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 神様以外何も信じられない。 後味が悪い話は最高だ。 犯人は○○だと思う。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 麻耶 雄嵩さんの『さよなら神様』だ。 さよなら神様 posted wi…