小説

若さゆえの熱量が胸を焦がす。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ピアスは耳にあけるものではない、舌にあけるものなんだ。 若いので刺青をいれてみたい。 危険なことに興味津々だ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 金原 ひとみさんの…

支配された最悪な仮想未来。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 1984年に思い入れがある。 みんなと同じ意見が嫌い。 誰でもいいから支配してほしい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 ジョージ・オーウェルさんの『一九八四年』だ…

砂にまみれた男。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 昆虫採集したい。 ミステリアスな女っていいよね。 砂に埋められた過去がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 安部 公房さんの『砂の女』だ。 砂の女 posted with ヨ…

些細な出会いと些細ではない恐怖。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 平凡な暮らしに飽きた。 出会い系をやってみたい。 やっぱホラーっていいよね。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 五十嵐 貴久さんの『リカ』だ。 リカ posted with ヨメ…

顔、顔、顔。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 自分イケメンですから。 他人の目が気になる。 顔って何? ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 安部 公房さんの『他人の顔』だ。 他人の顔 posted with ヨメレバ 安部 公房 …

誰も知らない村をおこす。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 田舎暮らしに憧れる。 広告会社に勤めたい。 村おこしをしたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 荻原 浩さんの『オロロ畑でつかまえて』だ。 オロロ畑でつかまえて pos…

緩やかに流れるリズム。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ピアノの音が好きだ。 緩やかな世界に身を任せたい。 ちょっと変わった職業に就きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 宮下 奈都さんの『鋼と羊の森』だ。 羊と鋼の森…

愛にささげた一生。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 女の一生を考えると夜も眠れない。 キリスト教に興味がある。 時代に翻弄されてる気がして嫌だ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 遠藤 周作さんの『女の一生〈1部〉キク…

誰でもない人に。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 東京に出てビッグになりたい。 将来社長になるんだ。 就活に不安を感じる。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 朝井 リョウさんの『何者』だ。 何者 posted with ヨメレバ …

畳みかける文章の海。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? かしこまった文章にはもう飽き飽きだ。 破天荒に生きたい。 本当のカオスを知りたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 町田 康さんの『きれぎれ』だ。 きれぎれ posted …

時間の大切さに気付かされる。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? あれ、もうこんな時間? スマホを見るのをやめたい。 今を大切に生きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 ミヒャエル・エンデさんの『モモ』だ。 モモ posted with ヨ…

時代に負けない強さ。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 現代小説に限界を感じる。 恋愛って理不尽な方が燃えるよね。 蝉になりたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 藤沢 周平さんの『蝉しぐれ』だ。 蝉しぐれ 上 posted wit…

未来へ向かう途中の道で。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 大人になんかなりたくないよ。 大学生ってどんな感じなのだろう。 もういちど生まれたくて仕方がない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 朝井 リョウさんの『もういちど…

おっさんたちが悪事を斬る。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 悪事を懲らしめたい。 家族との不協和音が鳴りやまない。 おっさんになってしまった、希望が湧かない。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 有川 浩さんの『三匹のおっさん…

父親の大きな影響と秘密。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 兄妹って素敵だなぁ。 父親が嫌いだ。 いつかパラソルの下で何かを企んでいる。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 森絵都さんの『いつかパラソルの下で』だ。 いつかパラ…

徐々に旨味が出てくるミステリー。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 既存のミステリーに飽きた。 メフィスト賞作品ってどんなのがあるんだろう。 とんかつが食べたい、しかも六枚。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 蘇部 健一さんの『六枚…

人生を変えた出会いと水墨画。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 水墨画に挑戦してみたい。 新しい何かに出会いたい。 線に、僕を描いてもらいたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 砥上 裕將さんの『線は、僕を描く』だ。 線は、僕を…

いろんな形の恋愛短編集。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 恋愛を見つめ直す旅に出たい。 長編小説は疲れる。 自分はポラリスだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 三浦しおんさんの『君はポラリス』だ。 きみはポラリス posted w…

芸能界の暗闇に照らされる。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 芸能界って大変そう。 アイドルが書いた小説が読んでみたい。 NEWSはやはり加藤シゲアキ一択。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 加藤シゲアキさんの『ピンクとグレー…

風味豊かで甘い恋愛。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? とにかく恋愛がしたい。 美しい文章に酔いしれたい。 長編は苦手だ、短編がいい。 ちょうどよかった。そんな人にオススメの小説がある。 山田詠美さんの『風味絶佳』だ 風味絶佳 posted with …

色鮮やかな孤独。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 口笛を上手に吹きたい。 白雪姫になりたい。 不思議な場所へ行ってみたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 小川洋子さんの『口笛の上手な白雪姫』だ。 口笛の上手な白…

四畳半は不思議で溢れている。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? パラレルワールドを体験したい。 京都へ行きたい。 四畳半で暮らしたい。 ちょうどよかった。そんな人にオススメの小説がある。 森見登美彦さんの『四畳半神話大系』だ。 四畳半神話大系 poste…

愛という名の犯罪。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? これぞミステリーを味わいたい。 ガリレオシリーズに興味がある。 献身に興味がある。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』だ。 容疑者Xの…