本と宴





書評・感想文

【書評・感想文】家族のことで悩んでいるのならば、大切なことを教えてくれた犬と家族の物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 猫より犬派。 男尊女卑。 趣味は登山。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 雨降る森の犬 posted with ヨメレバ 馳 星周 集英社 2020年09月18日 楽天ブックス Am…

【書評・感想文】生きる喜びを見失ってしまったのならば、うらぶれた町の物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 惚れたら身を賭けるしかない。 嘘をついて生きている。 心淋し。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 心淋し川 posted with ヨメレバ 西條 奈加 集英社 2020年09…

【書評・感想文】日本のルーツの一端を知りたいのであれば、神話から人間の時代に移り変わる物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 人は時に狂う。 「吾」ではなく「我」だ。 天皇に興味がある。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 ワカタケル posted with ヨメレバ 池澤 夏樹 日経BP 日本経済…

【書評・感想文】人間関係に嫌気がさして優しい気持ちになれないのならば、人と人との不思議な繋がりを描いた物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? わかりますよ、わかります。 いつでも迷子になる自信がある。 約束してないけど移動したい。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 約束された移動 posted with ヨ…

【書評・感想文】ひょっとしたら大切な人は間違った道へ行こうとしているのかもしれないと思ったら、信じていることが揺れる物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 都合が悪くなると「帰れー!」って思う。 浄水器を売らなければいけない。 両親は河童なのかもしれない。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 文庫 星の子 poste…

【書評・感想文】いつまでもピーターパンのように子どもでいたいのならば、ネヴァーランドと現実世界が交差する物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? ピーターパンが大好き。 ティンカーベルが大好き。 ネヴァーランドに行ってみたい。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 ティンカー・ベル殺し posted with ヨメ…

【書評・感想文】忘れたくない大切な気持ちを描いた小説を読みたいのであれば、消しゴムでは消せない恋の物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 消しゴムはまとまるくん一択。 消したくない思い出がある。 飼っていた牛が突如消えて困っている。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 角のないケシゴムは嘘を…

【書評・感想文】明日が不安で絶望しているのであれば、占い師でもディーラーでもないカード師の物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 人生を占いに左右されている。 ポーカーに目がない。 自分、カード師ですから。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 カード師 posted with ヨメレバ 中村文則 朝…

【書評・感想文】全ての『推しがいる人』に捧ぐ物語

管理人:宴 ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 推しのことを考えるだけで胸いっぱい。 推しが炎上したらどうしよう。 推しがメディアからいなくなって悲しい。 ちょうどよかった! 今回は『【書評・感想文】全ての『推しがいる人…

【書評・感想文】死を宣告された子供たちの物語

管理人:宴 ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? きょうだいって何だかいいよね。 占いを信じている。 幼い頃に死を宣告されたことがある。 ちょうどよかった! 今回の記事は『【書評・感想文】死を宣告された子供たちの物語』であ…

【書評・感想文】摩訶不思議な京都を味わいたいのならば、天狗と人間と食べちゃいたいぐらい可愛い狸の物語を読めばいいと思う

管理者:宴 ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 京都へ行きたい。 ふさふさの毛玉になりたい。 有頂天になりたい。 ちょうどよかった! そんな人におすすめの小説がある。 有頂天家族 posted with ヨメレバ 森見 登美彦 幻冬舎 20…