本と宴





服部 まゆみ

幻想的な闇に覆いかぶさる光。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 闇の中にいると落ち着くなぁ。 光が眩しくて目も開けられない。 おとぎ話のように生きたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 服部 まゆみさんの『この闇と光』だ。 この…