森見 登美彦

たまたま通りかかるわけがない。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 奇遇な出会いに憧れる。 夜に出歩くのが好き。 乙女に会いたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 それは『森見 登美彦』さんの… ばーん! 夜は短し歩けよ乙女とあらすじ…