本と宴





瀧羽 麻子

淡すぎて零れそう。

ご来訪に感謝。ところで、こんなことを思う時がないだろうか? とにかく無性にパンが食べたい。 淡い物語に浸りたい。 何だか疲れてしまったので柔らかくなりたい。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 瀧羽 麻子さんの『うさぎパン』だ。…