本と宴





町屋 良平

名もなき色、終わらない色。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 青ってすんごい素敵な色だ。 ボクサーになりたい。 何にでも名前をつけるのはナンセンスだ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 町屋 良平さんの『青が破れる』だ。 青が破…