相沢 沙呼

臆病な魔法使いに魔法をかけられて。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 魔法を使いたい。 マジシャンになりたい。 ボーイ・ミーツ・ガールが好き。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 相沢 沙呼さんの『午前零時のサンドリヨン』だ。 午前零時の…