ネタバレなしの書評 / 本のあれこれ

蘇部 健一

徐々に旨味が出てくるミステリー。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 既存のミステリーに飽きた。 メフィスト賞作品ってどんなのがあるんだろう。 とんかつが食べたい、しかも六枚。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 蘇部 健一さんの『六枚…