本と宴





辻村 深月

不思議な道具が照らす光。

ご来訪に感謝。 ところで、こんなことを思う時がないだろうか? 藤子・F・不二雄先生は天才。 ドラえもんが好き。 少し不在だ。 ちょうどよかった。 そんな人にオススメの小説がある。 辻村 深月さんの『凍りのくじら』だ。 凍りのくじら posted with ヨメレ…