ネタバレなしの書評 / 本のあれこれ

徐々に旨味が出てくるミステリー。

ご来訪に感謝。

ところで、こんなことを思う時がないだろうか?

  • 既存のミステリーに飽きた。
  • メフィスト賞作品ってどんなのがあるんだろう。
  • とんかつが食べたい、しかも六枚。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

蘇部 健一さんの『六枚のとんかつ』だ。

 『六枚のとんかつ』は、ミステリの概念を壊し、斬新なとんかつのようなものを食べさせてくれる。

 

あらすじ

 『メフィスト賞』第三回受賞作。大笑いか激怒かっ!?決して読む者の妥協を許さぬ超絶アホバカ・ミステリの決定版、遂に登場!流麗にしてクレバー。この“難問”を自力で解いた時には感動すらおぼえる表題作。思わず“ナルホド”とヒザを打つ『音の気がかり』。“ウゲッ”と絶句する『しおかぜ17号四十九分の壁』他、全15編+αを完全収録。

 

『蘇部 健一』とは...

f:id:s-utage:20210217233547j:plain

1961年生まれ。

1977年 -『六枚のとんかつ』で第三回メフィスト賞を受賞。

 

ミステリー界の異才、異能作家などといわれ、ミステリー界初の「音の出る推理小説」「飛び出す推理小説」を出版しようとするも却下される。

 

『六枚のとんかつ』とは...

f:id:s-utage:20210217233538j:plain

ユーモアで挑戦的な全15編+αのミステリー小説。

通称『六とんシリーズ』は本作を合わせて4冊刊行されている。

 

胃薬なんかいらない。

歌でも、絵でも、映画やドラマでも、一度見ただけだと、なんだこれは?という評価になる作品が、たまに出てくる。

決して悪いわけではない、だが、良い、でいいのか?

なんだ、この感情は。

 

不思議とそういう作品に限って、はまって抜け出せなくなるものである。

本作もそのタイプに部類する小説だ。

 

『六枚のとんかつ』

タイトルからして、なんだこれは?

 

不信感から始まった六枚のとんかつの味は、なんとも複雑な味。

変わった味だなぁ、と訝しげに咀嚼していくと、次第に癖になりやめられなくなる。

 

揚げ物なのに重くない。

ペロリといけた。

 

胃薬いらずのミステリーだ。

 

ミステリーのフリースタイル。

本作は一応、推理もののミステリー。

 

当然ながら、推理には探偵役が必要である。

でないと、事件の謎が解かれないし、そもそも意味が分からない。

 

美味しいフランス料理のフルコースを作ったシェフがいない、ぐらいに意味が分からない。

一体誰がフルコースを作ったと言うのだ。

 

なので本作にも探偵役は存在する。

けれど、彼らは決して正しい推理をするとは限らない。

暴走の果てに間違った方向へと進み、オチへと進む。

 

まるでミステリーを題材にした、落語のようである。

 

もちろん本格まではいかないにしても、ちゃんと推理をする場合もある。

けれど、筆者はさすがだ。

オチだけは、常に落語っぽい。

いや、これは漫談になるのだろうか。

 

中々お目にかかれないミステリーのスタイルを作り出した筆者には、感服するしかない。

 

フランスの哲学者『ミシェル・ド・モンテーニュ』は言った。

f:id:s-utage:20210217233539j:plain

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある。

 

ミステリの変質した姿を見た一冊だった。