緩やかに流れるリズム。

ご来訪に感謝。

ところで、こんなことを思う時がないだろうか?

 

  • ピアノの音が好きだ。
  • 緩やかな世界に身を任せたい。
  • ちょっと変わった職業に就きたい。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

宮下 奈都さんの『鋼と羊の森』だ。

あらすじ

 高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく―。一人の青年が成長する姿を温かく静謐な筆致で描いた感動作。(「BOOK」データベースより)

羊と鋼の森

f:id:s-utage:20210227174656p:plain

調律師として働き始めた外村の葛藤と成長が描かれる。

 

まどろみの中。

まどろんでいるような心地よさを感じた。え、何これ、と戸惑ったりしたが、後に気づく。これは文章のリズムというやつだ。

 
無我の境地とか、全集中できる人のみが感じるものだと思っていたけれど、はじめて顕著にリズムを感じ取れた。緩やかで、少しのブレもない。 そのリズムに乗っかるのは、調律師の難しさと素晴らしさだ。

 

世には僕の知らない様々な職業があるのだろうけれど、はじめて知った調律師の仕事には驚きを隠せない。そうか。ギターのチューニングのように、ピアノも調律しないといけない楽器だったのか。

 

僕はもう何も考えず、ピアノの旋律のように流れるリズムに、この身を委ねた。

 

なんて心地いいのだろうか。

夢心地である。

 

調律の森へ。

調律師とは音の芸術家である。


まずクライアントの要望を聞き、それから場所を鑑みる。大きなホールと民家にあるピアノでは響き方が違う、つまり調律の仕方が変わるのだ。

 
そこからは経験と知識を振り絞り、えいやぁ!と魂を、鋼と羊の森へ送り込んだら出来上がり。はい、僕の渾身の音どうですか?と、なるのだ。

 
ところが、もしもクライアントが違う、と言えば、それは失敗を意味する。せっかく魂込めたのに。

 
そんな調律師の葛藤や厳しさが、躊躇なく主人公、外村に襲いかかる。彼は、はたして調律の森の奥深くまでたどり着けるのだろうか。

 
でもまあ、がんばり屋の彼なら大丈夫だろう。

職場の人も、お客さんもいい人たちばかりなのだから。