目を凝らせば見える色。

 
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 

 

  • 絵画があれば何もいらない。
  • 持病の恋愛体質に困っている。
  • 絵具は白しか使いたくない。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

西 加奈子さんの『白いしるし』だ。

 

あらすじ

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった―。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか?ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。(「BOOK」データベースより)

 

白いしるし

f:id:s-utage:20210411062020j:plain

絵画と恋愛の美しさは似ている。ひょっとすると双子なのかもしれない。どちらもその美しさは見る人の心を掴んで離さない。離せ!と言っても離さないし、理由を聞いても話さない。

 

そこには様々な色がある。暗い色、明るい色、澱んだ色、澄んだ色。それらが生み出すグラデーションは、悲しみや喜びを表現し、心をべたべたと塗り尽くす。

 

夏目と真島の恋。

夏目と真島の恋は赤く燃え上がった。けれどその赤は危険の赤でもあった。ハマればハマるほどに色濃くなっていく赤

 

大人の恋、と言えば聞こえはいいけれど、その痛みはいくつになっても和らぐことはない。ただ慣れていくだけだ。

 

けれどその経験は新しい色を作りだす。夏目というキャンバスはまた色鮮やかになっていくだろう。

 

 
まるで絵画のように。
 

 

立ちはだかる障害物。

f:id:s-utage:20210411062015j:plain

障害物はあればあるほど燃えるものだ。そしてその障害物が大きければ大きいほど、よーし、超えてやるぞー、と気持ちは固くなる。

 

遠ざけていたずの恋。

だが、その障害物は超えることができないし、壊すこともできない。障害物などなかったかのように振る舞うことはできるかもしれないが、それは辛いことだ。尊敬していた上司が横領をしていた事実よりも辛い。

 

夏目はそんな恋をした。遠ざけていたずの恋は、透明人間のように突然、近くに現れて夏目を切り裂いた。模範的な手口の通り魔のように。

 

恋とは堕ちるもの。

恋とは堕ちるもので、堕ちてしまってからではどうしようもないこともある。

 
夏目と間島。2人の間に置いてある障害物は、2人が考えている以上に重いものだったのだ。それに2人は堕ちてから、気づいてしまった。いや、気づいていたが見ないふりをしていただけかもしれない。

 
けれど、この恋が夏目にくれたものは辛い想いだけではない。夏目に更なる強い気持ちと、白いしるしを残していった。

 

 
真っ白の中に映える白いしるしを。