本と宴





異国の地がジャーナリストを問う。

 
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 

 

  • ネパールへ行ってみたい。
  • ジャーナリストになりたい。
  • 王族になりたいけど、殺されたくはない。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

米澤 穂信さんの『王とサーカス』だ。

 

あらすじ

海外旅行特集の仕事を受け、太刀洗万智はネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王殺害事件が勃発する。太刀洗は早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクション、米澤ミステリの記念碑的傑作。『このミステリーがすごい!2016年版』(宝島社)“週刊文春”2015年ミステリーベスト10(文藝春秋)「ミステリが読みたい!2016年版」(早川書房)第1位。(「BOOK」データベースより)

 

王とサーカス

f:id:s-utage:20210405233023j:plain

実際に起きた事件は僕たちに計り知れない衝撃を与える。え、あんな子供がこんな事件を? え、あの場所でそんな事件が? え、黒の組織が薬を? え、あの高校生探偵が殺人を?

 

それが信じられないような内容であればあるほどに、僕の心は驚きの先にある唖然へと無謀にも向かっていく。行くな行くな、と心は雄叫びをあげるけれども、心は勝手に歩いていく。

 

王宮での王族殺人事件。

本作はネパールのカトマンズでおきた王宮での王族殺人事件を題材としている。王宮に続いて王族の文字が続くとファンタジー感が圧倒的に滲みでるが、実際に起きた事件である。その謎は今も謎のまま闇にまみれている。

 

煮ればいいのか、焼けばいいのか。

『国』というのは調理しずらいスケールの大きな食材だ。まな板にも乗らないし、フライパンにも入らない。煮ればいいのか、焼けばいいのかもわからない。

 

それを上手く物語に溶け込ませるには腕がいるのだが、筆者にはオークションをすれば1億はくだらないであろう腕があった。立派な腕だ。匠の技巧とはこのことであろう。

 

ジャーナリストだからだ。

筆者はさらにスパイスを加え、僕と太刀洗万智に難しい問題を投げかけてくる。僕には、この問題は解けそうもないのでいとも簡単に諦めてしまったが、万智は違った。苦悩し嘆いたりもするけれど、必死に立ち向かっていった。

 

なぜなら彼女はジャーナリストだからだ


日本から遠く離れた馴染みのない国。そこの国民性や事情を織り交ぜ、ジャーナリスト太刀洗万智が挑んだ事件は、思いがけない曲がり道を駆け抜けていく。

 

 
ひとつの死体をきっかけにして。
 

 

ジャーナリストの行く末。

f:id:s-utage:20210405233019j:plain

王宮での王族殺人事件。謎の死体。それが繋がった時、事件は万智に問いかける。そこからは危ないぞ、と。

 

なんせ国が関わっている可能性があるのだ。具体的に国が何をしてくるのかはわからないが、単純に危なそうだし、最悪の場合、殺されて闇の奥に葬られてしまうことも無きにしも非ず。そんなことないのかもしれないが、そうかもしれない恐怖と不安は富士山3個分では足りないかもしれない。

 

猪のように突っ込んでいく。

なのに万智は、田舎のやさぐれた猪のように突っ込んでいく。ひょっとするとジャーナリストの血が騒いで、うるさかったのかも知れない。

 

その姿には真実へと突き進むカッコよさを感じるが、すぐ横に危なげな影も一緒に漂わせている。影が一体何なのかもわからず、万智は暗闇のようなところを歩き続ける。いつそれが襲い掛かってくるのかわからない状況で。

 

真実を垣間見る。

取材の果てに、万智は一つの真実を垣間見る。

 

ジャーナリストとはどうあるべきなのか、事件にどう向き合うか、どう記事にするか。その葛藤は万智を成長させ、一段階進化させた。ジャーナリストとして大事なものを見つけたのだ。

 

 
それは犯人を暴いて終わり、の先を見ることなのかもしれない。