浦島太郎と携帯電話と女子高生。

 
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 

 

  • 浦島太郎が好きだった。
  • 中国へ亡命したい。
  • 30年後の日本へ行きたい。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

矢作 俊彦さんの『ららら科學の子』だ。

 

あらすじ

男は殺人未遂に問われ、中国に密航した。文化大革命、下放をへて帰還した「彼」は30年ぶりの日本に何を見たのか。携帯電話に戸惑い、不思議な女子高生に付きまとわれ、変貌した街並をひたすら彷徨する。1968年の『今』から未来世紀の東京へ―。30年の時を超え50歳の少年は二本の足で飛翔する。覚醒の時が訪れるのを信じて。(「BOOK」データベースより)

 

ららら科學の子

f:id:s-utage:20210424212005j:plain

浦島太郎が竜宮城から故郷へ戻ると、そこは別世界。予想外に長い年月が経っていた。玉手箱を開け、老人になった浦島太郎は、何もかもが目新しく奇妙にみえる世界で、一体どう生きていったのだろうか。

 

浦島太郎状態。

一方、1968年に中国へ行き、帰ってきたら30年の時が経っていた男はまさに浦島太郎状態。その驚きは計り知れないものがあったに違いないだろうが、なぜか飄々としているようにもみえる。ひょっとして心を30年前に置いてきたままなのだろうか。

 

思想すらも。

30年という月日は街やテクノロジーを目まぐるしく変えていった。思想すらも

 
男が日本にいた時代は学生運動が盛んだった。ちょっとファミス行こうぜ! みたいな感覚で参加していた人もいるだろうが、みんなそれなりの思想を持ち合わせていた。見渡せばすぐに思想が、目立ちたがりのクラスメイトのようにひょっこりと顔を出した。

 

だが、今の時代はどうか。恥ずかしがり屋になってしまい、中々表に出てこないではないか。学生運動とは、一体、何だったのだろう。男は昔に想いを馳せる。

 
心を無くしたまま東京をゾンビのように漂流する男は、30年前の心持ちのまま何を思い、何をみているのだろうか。

 

 
浦島太郎もこんな感じだったのかもしれない。
 

 

30年の月日。

f:id:s-utage:20210424211959j:plain

あの頃は楽しかったなぁ…そんな想いを巡らせ故郷へ帰ってみるけれど、あれこれ変わってしまっている現実は、あの頃に戻れないという事実を、無情にも叩きつけてくる。切ない。

 

男は驚く。

30年前から変わり果ててしまった日本の何もかもに、男は驚く。ひょっとすると、男は30人前にもどれるかも、という淡い期待を抱いていたのかもしれない。だが、それは打ち壊されてしまう。変わりすぎていたのだ。

 
戸惑いは男を現実から引き離したようで、男は現実のように朧げな東京を彷徨い、虚空を歩く。

 
するとなんと女子高生に巡り会う。ああ、そうなのか。30年ぶりに日本に帰ると、女子高生に付き纏われるシステムが確立されていたのか。なんという進歩なのだ。いや、退廃かもしれない。

 

ノスタルジーと思想。

けれど、もしも男が中国に渡らず、ずっと日本で過ごしていたならばどうだったのだろう。全てが普通の景色として享受していたのだろうか。

 
そう思うと中国での歳月は決して無駄ではなかったように思える。男は今、誰もが持ち得ないノスタルジーと思想を持っている。それはかけがえのないもののような気がする。

 
たらればを言っても仕方がないが、数奇な運命と30年後の日本は男に、今を見つめさせ、飛翔する時がやってくる。地についた2本の足で。しっかりとした気持ちで。

 

 
覚醒の時は今だ。