現実が酷いから記す。

 
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 
  • 戦争は人にどう影響していくのだろうか。
  • 誰でもいいから他人の日記を読みたい。
  • 少し狂い目がちょうどいい。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの小説がある。

それは『アゴタ-クリストフ』さんの…

f:id:s-utage:20210506162909j:plain

 ばーん! 

 

悪童日記とあらすじ

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。(「BOOK」データベースより)

 

 

 

どんな話?

恋と戦争は人を変えてしまうらしい。本作で描かれる小さな町は戦争の影響を受け、疲労し、やさぐれてしまったようだ。そこにやってきた双子の「ぼくら」

f:id:s-utage:20210504133010j:image


彼らが書く日記は狂気に満ちている。頼んだ覚えはないが、そう変わらなければいけないのだ、という悲しみもトッピングされている。

f:id:s-utage:20210504132956j:image


全編、彼らの日記を通して描かれる本作は、戦争とその影響化に置かれた双子の悲哀と強さが切ないほどに溢れかえってパレード開催中だ。参加者を待っている。

f:id:s-utage:20210504132946j:image

 

ここがおもしろい。

 
  • 日記に綴られる日常。
  • おかしいのは双子だけではない。
  • 痛いし、怖いし、見たいし。

 

日記に綴られる日常。

 

f:id:s-utage:20210506162925j:plain

日記というのは秘め事のようなもの。自分の恥ずかしい部分であったり、押し入れに隠しておきたいような気持を吐き出す場所でもあるわけだが、双子の日記にはそれがないのである。え、どうしたのどうしたの。感情どこに忘れてきてしまったの?

 

僕の心配をよそに日記は淡々と綴られていく。それは日記と言うよりも記録。戦争を背景にした、したたかに生きるための記録

 

それは感情を捨てる作業だったのかもしれない。そうしないと苦しくて息が出来なかったのだろう。

 

 
記憶より記録。
 

 

 おかしいのは双子だけではない。

 

f:id:s-utage:20210506162931j:plain

日記から感じる双子の狂気は次第に厚さを増す。だが、よく見るとおかしなことになっているのは双子だけではなく、周りの人間たちもどこかおかしいし、おかしさにすら気づけていない。だってしょうがないじゃないか、とでも思っているのだろうか。

 
戦争を体験したことのない僕にとって衝撃的な状況をしるした感情なき言葉が、痛ましい。

 

 
みんなでおかしければおかしくないのかもしれない。 

 

痛いし、怖いし、見たいし。

 

f:id:s-utage:20210504132953j:image

双子の日記は痛いし、怖い。なんて悲しい状況なのだろう。戦争とはなんて痛いのだろう。もう嫌だ、見たくなんかない。いや、嘘をついた。双子がどうなるのか、僕は最後まで見たいし、見なければいけない気がする。

 

怖いもの見たさというやつなのか、残念ながらワクワクしながら僕は日記を読み進めるてしまう。

 

 
他人の日記って楽しい。
 

 

まとめ 

 

戦争は痛ましいし、二度と繰り返してはならないもの。ではどう痛ましいのか。二度と繰り返してはいけないのは何故か。それは痴情のもつれぐらい、いろんな理由があるのだろうけれど、ある意味において、本作はそれを顕著に表している。

 

戦争は肉体的な痛みだけではなく、目に見えない痛みも人に与えてしまうらしい。気づかない内にそっと抱え込んでしまった痛みは、あれ、いたの? と思った時にはもう、モルヒネでも打たれたのですか? といった具合に麻痺してしまい、異常が普通に変わってしまっている

 

平和に生きている僕らでは感じ取れないこと、感じるしかなかったこと。双子の痛烈なメッセージは、日記を通して僕の胸に突き刺さる。千のナイフに胸を刺されたかのように痛い。

 

それでも読みたくて仕方がないのは、僕がマゾだからではなく、双子がこのままどうなってしまうのか、見なくてはいけないと思ったからだ。怖いものは、見てみたくなる心理が働いたのかもしれないが。

 

この痛みとドキドキは、今も胸に残り続けている。

f:id:s-utage:20210506162922j:plain