PON!と宴





【おすすめ本】『春に読みたいおすすめ小説10選』のご紹介

f:id:s-utage:20220319002320p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『自分よりハイスペックな同性からの嫉妬』と『春』って…何だかワクワクするよね!
 

どうも、宴です。

どう足掻いても勝てない相手が自分に嫉妬を抱いているとか、なんて気持ちがいいのだろうか。それぐらい春って季節もワクワクが止まらない!

 

ということで、今回は春に読みたいおすすめ小説10選をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

さくら/西加奈子

あらすじ

ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾にピンク色の花びらをつけていたことから「サクラ」と名付けられた十二歳の老犬が一匹だけ。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏に薄い鉛筆文字で書かれた家出した父からの手紙が握られていた―。二十六万部突破のロングセラー、待望の文庫化。

管理者:宴
桜のように美しくも儚い家族。そして、突如しゃべりだす愛犬サクラに心を打たれる…犬ってしゃべるんだっけ? 

 

重力ピエロ/伊坂幸太郎

あらすじ

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

管理者:宴
訳あり家族を襲う重力が本当に重すぎて苦しい。春はどこからやってくるのか、人類が追い求めたその謎も本作でついに判明する。 

 

学問/山田詠美

あらすじ

東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。一歩一歩、大人の世界に近づく彼らの毎日を彩る生と性の輝き。そして訪れる、それぞれの人生の終わり。高度成長期の海辺の街を舞台に4人が過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぐ、渾身の長編。

管理者:宴
友達のような恋人のような解けない絆で結ばれた四人。彼らの成長と共に彩られていく言葉が美しく映える。インスタ映えにいいかも。 

 

風味絶佳/山田詠美

あらすじ

70歳の今も真っ赤なカマロを走らせるグランマは、ガスステイションで働く孫の志郎の、ままならない恋の行方を静かに見つめる。ときに甘く、ときにほろ苦い、恋と人生の妙味が詰まった小説6粒。谷崎賞受賞。

管理者:宴
いろんな味や香りが楽しめる三ツ星レストランもびっくりの短編集。人生の味わい深さが身に染みる。本作さえあればフルコースはいらない!
 

 

線は、僕を描く/砥上裕將

あらすじ

水墨画という「線」の芸術が、深い悲しみの中に生きる「僕」を救う。第59回メフィスト賞受賞作。

管理者:宴
水墨画の圧倒的な迫力と繊細な技術、熱量に驚き慄く。水墨画って、人生と向き合わせてくれる素晴らしい芸術なんだね。
 

 

 

オルタネート/加藤シゲアキ

あらすじ

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、若者たちの運命が、鮮やかに加速していく。全国配信の料理コンテストで巻き起こった“悲劇”の後遺症に思い悩む蓉。母との軋轢により、“絶対真実の愛”を求め続ける「オルタネート」信奉者の凪津。高校を中退し、“亡霊の街”から逃れるように、音楽家の集うシェアハウスへと潜り込んだ尚志。恋とは、友情とは、家族とは。そして、人と“繋がる”とは何か。デジタルな世界と未分化な感情が織りなす物語の果てに、三人を待ち受ける未来とは一体―。“あの頃”の煌めき、そして新たな旅立ちを端正かつエモーショナルな筆致で紡ぐ、新時代の青春小説。

管理者:宴
加速するドラマティックな展開に青春の音が鳴り響く。これは三人がたどり着いた祭りだ!
 

 

もういちど生まれる/朝井リョウ

あらすじ

彼氏がいるのに、親友に想いを寄せられている。汐梨、平凡な日常と、特徴のない自分に飽き飽きしている。翔多、絵を通して、壊れた家族に向き合おうとする美大生。新、美人で器用な双子の姉にコンプレックスを抱く浪人生。梢、才能の限界を感じつつも、バイトをしながらダンス専門学校に通う。遙。あせりと不安を力に変えた5人が踏み出す“最初の一歩”。

管理者:宴
子どもでも大人でもない不安と葛藤。大人になれば忘れてしまうかもしれない想いが尊いし、眩しい。車のハイビームぐらい眩しい。 

 

カラフル/森絵都

あらすじ

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが…。不朽の名作ついに登場。

管理者:宴
真のホームステイに、黒だと思いこんでいた世界はこんなにもカラフルなことを教えられる。虹も真っ青な一冊。 

 

四畳半神話大系/森見登美彦

あらすじ

私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

管理者:宴
平行世界だからこそのギミックに心が踊る。四畳半ってこんな怖い場所だったのか! 責任者はどこだ。
 

 

君の膵臓をたべたい/住野よる

あらすじ

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて―。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!

管理者:宴
二人はその関係に「君の膵臓をたべたい」と名付けた。恋にしようとしない二人の関係に涙腺崩壊待ったなし!
 

 

 


 


にほんブログ村 本ブログへ