【対策】読書をすると眠くなるのはなぜ?

 管理人:宴
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 

 

  • 本を読んでいると眠くなる。
  • 眠いけれど本が読みたいのだ。
  • なぜ眠くなるのか知りたい。

 

ちょうどよかった!

今回はの記事は『読書をすると眠くなるのはなぜ?』だ。

 

 

 

 

なぜ眠たくなるのか。

f:id:s-utage:20210614134739j:plain

 

読書中、あれ、どこかで一服盛られたかな? と勘繰るぐらいの睡魔に襲われたことはないだろうか。僕にはある。せっかくの楽しい読書だというのに。そんな恨みを買った覚えはない。

 

一体睡魔はどうしてやってくるのだろう。原因と対策をまとめてみた。

 

 

原因①読書のリラックス効果

マッサージや美容室のシャンプーで眠くなるように、読書効果がもたらすリラックス効果は頼んでもいないのに、せっせと働き眠気を誘う。ありがた迷惑なことである。

 

原因②単純作業

同じような動きをずっと続けていると、何してるんですか? と睡魔がちょっかいをかけてきがち。目で文字を追うという単純作業も、もちろん睡魔が見逃してくれるはずがない。

 

原因③脳や目の疲労

ヘトヘトになった脳と目は休息を欲して、眠ろうよ、と誘いをかけてくる。しかも、わかった、と言ったつもりもないのに彼らは勝手に眠ろうとする始末。わがままな奴らである。

 

原因④内容に興味を持てない

ミステリーばかり読んでいる人が、いきなり純文学を読みだしても、内容が理解できず、ただ文字を追っているだけの状態になりがちである。そりゃ眠くもなるだろう。

 

原因⑤難しい言葉が多い

睥睨、逡巡、泥濘、残滓、絢爛。わからない言葉はスマホで調べることができるが、あまりに多いとそれも億劫になってきて、次第に内容もちんぷんかんぷん。眠くなってもおかしくはない。

 

 
それでも本が読みたい! 

 

対策

f:id:s-utage:20210614135902j:plain

 

対策①昼食後二時間は読書を避ける

食べたら眠くなるのは人間の性。昼食から14時ぐらいまでの間は満腹感が生じているため眠くなりやすい。この時間帯は地雷地帯のように避けるのが無難である。

 

対策②事前にカフェインをとる

カフェインは脳の覚醒を促し、眠気を生じづらくしてくれる。ただ即効性がないのと、摂取しすぎると夜、一生に一度の恋でもしたかのように眠れなくなるので、ほとほどに。出来れば読書タイムの2時間前とかが効果的。

 

対策④時間を決めて読む

長時間の読書をしていると、やがて集中力が途切れてしまい眠気がやってきてしまう。そこで、30分や1時間と時間を決めて、ここまでは集中して読もう! と鬼気迫るように意気込むことで、眠気を緩和することができる。

 

対策⑤朝に読む

朝は頭が一番すっきりした状態。何か変なことでもしたかのように疲れてへとへとな夜や、昼食を食べて眠くなっているお昼よりも眠気がやってきにくい。

 

対策⑥正しい姿勢で読む

リラックスと眠気は血の盃を交わした兄弟よりも親密。そこで姿勢を正すことが有効だ。背筋を伸ばして椅子に座って読むと眠気はやってきにくい。電車や公園など人目につく場所で読むのも、自然と意識して姿勢が正されるので効果がある。

 

対策⑦興味があるものから読む

幅を広げるため、普段読まないような難しい内容の本を読むことは良い心がけではあるが、そんなの関係ねぇ! と借金取りのように眠気はやってきがちだ。このまま読み進めても内容が頭に入ってこないかもしれない。ならばいっそのこと、読むのをやめ、好きなジャンルの本から読むことで眠気が緩和されるかもしれない。

 

 
これで眠気とおさらばだ!
 

 

それでも眠い時は…

f:id:s-utage:20210614142608j:plain

 

いくら対策したところで眠いものは眠いもの。

そんな時は下記の方法を試してみていただきたい。

 

音読

目で文字を追うだけの関係なんて嫌! 眠くなってしまう。そこに+α、声を出す行為を加えるとメリハリが生まれ、眠気が起きにくくなる。頭の中で声を出すだけでも効果ありだ。

 

ガムを噛む

目で文字を追うだけの関係なんて嫌! 眠くなってしまう。そこに+α、ガムを噛んでいると、脳が刺激され覚醒を促してくれる。ミントやカフェインが含まれたガムだとより効果的だ。

 

タブレット

辛みの強い、大抵黒色をしているものは即効性が高く、場合によっては悶えるほどに眠気が緩和される。ただ食べすぎると口の中が大変なことになるので気を付けたほうがいい。 

 

顔を洗う

水はあらゆるものを洗い流してくれるが、なんと眠気も洗い流してくれる。冷たい水で顔を洗うと交感神経が刺激され、眠気緩和に効果ありだ。

 

冷たい飲み物を飲む

水はあらゆるものを洗い流してくれるが、なんと飲んでも効果がある。冷たい水を飲むと交感神経が刺激され、眠気緩和に効果ありだ。コーヒーや緑茶などカフェインが含まれているものがより効果的。

 

歩きながら、立ちながら読む

眠気を覚ますのに一番有効なのは身体を動かすこと。決行が良くなり集中力が上がり、海馬が活性化し、記憶力もアップする。ただ全力疾走だと読書しずらいし、外でそれをやるといろんな人から注目の的になってしまうので注意が必要だ。

 

息を止める

眠い時に、包丁を持った人が急に現れたり、崖に突き落とされたりすると眠気が冷めることがないだろうか。命の危険を感じると、脳は、寝ている場合ではない! と指令を出し、眠気が吹き飛んでいく。が、息を止めすぎると、本当に命が危ないので程々に。

 

 

メンソレータム

メンソレータムを鼻の下に薄く塗ると清涼感ある刺激が眠気を緩和してくれる。ただ塗りすぎたり、顔や目の下などに塗ってしまうと取り返しがつかない地獄を見るかもしれない。腫れたりかぶれたりすることだろう。

 

冷却シート、スプレー

身体を冷やすと副交感神経の働きが抑制され、眠気が緩和される。ただ身体を冷やそうとして、冬の雪山で読書をすると逆に眠くなるかもしれないのでやめた方がいい。太い血管が通っている首筋や、脇の下などに当てるのが効果的だ。

 

ツボ

押すことによって眠気が緩和されるツボがある。押せば押すほどいいわけではないので、痛気持ちいいぐらいの感覚で、1回に押す時間の目安は10秒ぐらいにしておこう。

 

 

労宮

軽く握りこぶしを作ったときに中指と薬指の先端が触れる場所が労宮のツボ。

ストレス、憂鬱、だるさの改善にも効果あり。

 

中衛

中指の人差し指側、爪の生え際から2~3mm下にあるツボ。

気持ちを落ち着けたり、ストレス軽減にも効果あり。

 

合谷

合谷は人差し指と親指の骨が合流する根元から、少し人差し指側にあるツボ。

顔の痛み、頭痛、歯痛、鼻づまり、のどの痛み、緊張改善に効果あり。

 

睛明

目頭のやや上、鼻よりにあるくぼみにあるツボ。

目の疲れ、充血、かゆみ、目の下のクマの予防にも効果あり。

 

天柱

首骨の外側のラインと髪の生え際がぶつかる少しくぼんだところにあるツボ。

頭痛、目の疲れ、肩こり、抜け毛、顔のむくみにも効果があるといわれている。

 

風池

後頭部の髪の生え際にあり、首の中心にある太い筋肉から指2本分あたりの窪みにあるツボ。天柱より外側。

頭痛、目の疲れ、鼻づまり、首の疲れ、熱っぽい、体がだるいなどに効果あり。

 

 百会

左右の耳を結んだ線と顔の真ん中の線が交差する場所にあるツボ。

頭痛、痔、抜け毛、ストレスなどにも効果あり。

 

 
よい読書ライフを。 

 

まとめ

眠気の一番の原因は睡眠不足であり、一番の眠気対策はしっかりと眠ることである。

 

けれど、忙しい現代社会ではそれもなかなか難しいし、人それぞれ眠気の原因や状況は違うと思うので、自分に合う眠気対策を実行してみて欲しい。

 

よりよい読書ライフを送るためにもお試しあれ。

 

 
ご覧いただきありがとうございました! 

 


 


にほんブログ村 本ブログへ