本と宴





【言葉・名言】人生に生き辛さを感じた時、胸に響く『若林正恭さんの心に残った言葉・名言』をきいてほしい

f:id:s-utage:20211125204504p:image

 

管理者:宴

ご覧いただきありがとうございます。

ところで、『ドラゴンボールで悟空がピッコロ大魔王を倒した時』と『若林正恭さん』って、つっこみが冴えているよね。
 

 

どうも、宴です。

ピッコロ大魔王を倒した時の強敵倒しました感は凄まじかったけれど、フリーザのインパクトに追いやられて、みんな忘れがちだよね。

 

まぁ、そんなわけで、今回は『若林正恭さんの心に残った言葉・名言』を紹介したいと思う。

 

 

社会人大学人見知り学部 卒業見込

あらすじ

若手芸人の下積み期間と呼ばれる長い長いモラトリアムを過ごしたぼくは、随分世間離れした人間になっていた―。スタバで「グランデ」と頼めない自意識、飲み屋で先輩に「さっきから手酌なんだけど!!」と怒られても納得できない社会との違和。遠回りをしながらも内面を見つめ変化に向き合い自分らしい道を模索する。芸人・オードリー若林の大人気エッセイ、単行本未収録100ページ以上を追加した完全版、ついに刊行!

 

心に残った言葉・名言

わからないことにこだわらない人は一から百は作れるけど、ゼロから一は作れないんだよ。

管理者:宴
そ、そうだったのか!
 

 

ぼくは「スタバ」で「キャラメルフラペチーノ」の「グランデ」を飲んでいるところに知り合いが来たら窓を破って逃げる。

管理者:宴
僕は天井を突き破って逃げる。 

 

”確かじゃない” 日常を過ごしながらも ”確か” なものに死ぬまでに数多く出会いたいものである。

管理者:宴
死ぬまでにどれだけ出会えるのだろう。 

 

大丈夫と言うことから大丈夫は始まるのだ。

管理者:宴
大丈夫! 

 

「挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束される」

管理者:宴
再挑戦者って何だかかっこいいよね。 

 

「社会がぼくらの邪魔をしているんじゃないんだよね。ぼくらが社会の邪魔をしているんだよね。社会はそこにあるだけだから」

管理者:宴
社会さん、すいませんでした。 

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

あらすじ

「別のシステムで生きる人々を見たい」とキューバに向かった。椎名誠氏に「新しい旅文学の誕生」と絶賛された名作、ついに文庫化。

 

心に残った言葉・名言

みんなが友達で、みんなが競争相手。

管理者:宴
高め合っていかなければいけないプレッシャーがエグい。 

 

カストロが10時間ラップで演説をして、それを聞きながら10万人の聴衆はサルサを踊る。

管理者:宴
楽しそうなカオス。
 

 

最早オーロラよりトイレの方が見たくなっているほどに膀胱は圧迫されていた。

管理者:宴
どちらも気持ちが穏やかになるしね。
 

 

少数派のくせに繊細で、出る杭のくせに打たれ弱くて、口が悪いのにナイーブで、それなのに多数派に賛同できなかったら、こんなに生き辛い国はない。

管理者:宴
ツラミ...
 

 

 

ナナメの夕暮れ

あらすじ

おじさんになって、「生き辛さ」から解放された―「自分探し」はこれにて完結!

 

心に残った言葉・名言

人見知りのままでいようと努力する人間などいない。もし、言い訳として必要だという人は一生人見知りを大事に抱えていればいい。

管理者:宴
言い訳ばかりじゃいけないよ。
 

 

何かがうまくいく喜びには、それまでうまくいかない苦しみが必要不可欠だ。

管理者:宴
努力って必要なんだね。
 

 

この現実を生きるために、ファンタジー、何をどのぐらい選ぶか。

管理者:宴
僕はファンタジー100%。
 

 

君がずっとハシゴを上って同化しようとしている理想の自分? 天才? 特別な人? ぼくが見てきたそういった類の人たちは、ずっとず~っと怯えているよ。

管理者:宴
理想は理想、よそう。
 

 

「お前に100人の男にふられた男の気持ちがわかるのかよ!」

管理者:宴
言葉の破壊力がすごい!
 

 

「ベストスコアを維持するっていうのも難しくておもしろいんだよ」

管理者:宴
おもしろいと思えることって大事。
 

 

他人の目を気にする人は ”おとなしくて奥手な人” などでは絶対にない。

心の中で他人をバカにしまくっている、正真正銘のクソ野郎なのである。

管理者:宴
僕もクソ野郎。
 
 


 


にほんブログ村 本ブログへ