本と宴





【ネタバレなし】甘くて美味しいエッセイ|伊藤まさこさん『うっとり、チョコレート』 書評・感想文と心に残った言葉・名言

f:id:s-utage:20220324145030p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『テレビCMで新垣結衣さんに「おつかれ生です」と労われた時』と『チョコレート』って…うっとりするよね!
 

どうも、宴です。

ついついCMの「おつかれ生です」に返答しちゃう自分がいるよね。うっとりしちゃう。うっとりしちゃうと言えば本作。うっとりするようなチョコレートのお話が満載です。

 

ということで、今回は伊藤まさこさんの『うっとり、チョコレート』をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

うっとり、チョコレート/伊藤まさこ

あらすじ

バレンタインも悲喜こもごも。切なく、ほろ苦い思い出も収録。身もこころもとろけるチョコレートエッセイ38篇。(「BOOK」データベースより)

チョコレート 10/10点
ためになる /10点
おいしさ /10点
読みやすさ /10点
総評 /10点

 

書評・感想文

f:id:s-utage:20220407222221p:plain

チョコレートのエッセイ

チョコレートが好きです。卵を割ったら黄身が二つ入っていた時の喜びぐらい好きで、いつもいつもうっとりしてしまうのですが、どうやらチョコレートにうっとりしているのは僕だけではなかったようです。

 

本作『うっとり、チョコレート』は、その名前の通り、チョコレートにまつわるエッセイ集です。いろんな作家さん、著名人が書いたチョコレートエッセイが、「地球のみんなオラにエッセイを分けてくれ!」とでも言われたかのように、一堂に会した豪華な一冊でございます。

 

ロッテも明治も

どのエッセイもおもしろいのはもちろんのこと、今まで知らなかったチョコレート情報満載でためにもなります。チョコレートは明治かロッテの二択だと思っていましたが、それだけではなかったのです。まだ見ぬチョコレートも食べてみたい気持ちが膨れ上がりました。

 

いや、明治さんもロッテさんも美味しいし、お世話になっていますけどね。

 

甘くて美味しい

いろんな美味しいチョコ、勘違いしている知識、歴史、エピソード。たくさんの豪華な作家さんたちが綴るバレンタインデーは、甘くてとても美味しいです。みなさんパティシエの才能があると思います。文章のパティシエ。

 

チョコと一緒に好きな人へ送ってみるのも乙かもしれませんね。なかなかバレンタインデーに本を贈る人っていないでしょうし。ただ責任は一切取りませんのであしからず。

 

 

心に残った言葉・名言

「結婚は、財産めあてにしなきゃだめ、と、いつもママはいってたけど、ほんとね。愛して、いっしょになったら、このざまだわ」

管理者:宴
愛と財産が比例すればいいのにね。 

 

恋愛にまつわる約束はたいてい無意味で、たとえばほかの人と恋をしないでほしいと言ったところで無駄なのはわかっている。そういうことになってしまえばなってしまうに決まっているし、約束なんかのせいでその機会をのがしてほしくもない。

管理者:宴
約束は破るためのものです。
 
 

人に想いを伝える、というのは本当に恐ろしいことだ。

管理者:宴
地震、雷、火事、親父、想い。
 

 

「ウチのクラスの女子はみんな馬鹿だ! 今日はバレンタインデーだぞ! 海外の女の子たちは、みんなチョコを配るんだ! これは礼儀だ! 友情の印なんだ! いやらしいことじゃないんだ! どうしてお前たちはやらないんだ!」

管理者:宴
漢の中の漢だ! 

 

伊藤まさこさんの他作品

 

 

最後に

管理者:宴
今回は伊藤まさこさんの『うっとり、チョコレート』を紹介してきました。
 

チョコレートが大好きな人、チョコレートにまつわるエッセイを読みたい人、バレンタインデーに恨みを抱いている人にはおすすめだから、ぜひ読んでみてね。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。