本と宴





読書中、「何読んでるの?」「〇〇だよ」「へー」と興味なさそうに言ってくる人をあしらう冴えたやり方5選

f:id:s-utage:20220413164115p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『「ねぇねぇ、わたし何歳に見える?」っていう難問』と『へー』って…興味ないよね!
 

どうも、宴です。

せっかく集中して読書をしているというのに、話しかけられたら興ざめです。少しぐらいなら構いませんが、大きな用がないのであればほっといてほしいですよね。

 

ということで、今回の記事は『読書中、「何読んでるの?」「〇〇だよ」「へー」と興味なさそうに言ってくる人をあしらう冴えたやり方5選をお届けいたします。

 

 

 

 

「何読んでるの?」「〇〇だよ」「へー」のあしらい方5選

読書家の皆様、僕は口を酸っぱく、いや、酸っぱいを通り越して塩辛く言いたいのです。こんな経験ありませんか?

 

読書中…

 

「何読んでるの?」

「〇〇だよ」

「へー」

 

…へー?

 

読書の邪魔をしておきながら、興味なさげな「へー」という言葉の凶器。これは許せないです。針千本を同じ場所に集中して刺してやりたくて仕方がありません。

 

僕は何度この凶器に心をぶち刺されたことか。時代が時代なら縛り首にしたり、アイアンメイデンの中にそっと優しく入れてしまうところです。

 

…それとも僕が悪いのでしょうか。「〇〇だよ」の部分をもう少し装飾して、相手に答えやすくさせるのが優しさなのでしょうか…?

 

そんなわけで、考えてみました。

 

君に言ってもわからないと思うよ

「何読んでるの?」

「君に言ってもわからないと思うよ」

 

これはいけません。確実に一触即発です。頼むからその後いつものように「へー」と言ってくれ、とそこそこ偉大などこかの神様に祈ってしまいます。

 

争いごとを好まない仏のような気持ちをもっているのであれば、この案はやめた方が賢明かもしれません。

 

〇〇だよ。これは〇〇が〇〇して〇〇の気持ちを…

本の説明を足します。これで、興味をもっていろいろと聞いてくれるかもしれません。

 

「何読んでるの?」

「〇〇だよ。これは〇〇が〇〇して〇〇の気持ちを…」

 

「あ、もういいです…」

 

いやいや、引いてるじゃないか。なんだよ、きいておきながら引かないでよ。

 

この案は危険ですね。「あいつに本の話はするな」、という御触れが出てしまうかもしれません。そんなの耐えられません。

 

耐性が強い方はどうぞお試しになってください。自己判断で。

 

ん、なんか言った?

普通のトーンで言うとおそらく振り出しに戻るので、最初は本当に聞こえないフリをして、「あれ、今誰か何か喋った?」という程でゆっくり顔を上げましょう。

 

それからちょっと見つめ合い、「ん…」でまたちょっとためます。からの「なんか言った?」です。

 

ポイントは相手に、「あ、めんどくさい!」と思わせることです。これであなたは読書中に話しかけない方がいい人認定されることでしょう。同時に読書クソ野郎という名誉なあだ名がつけられるかもしれませんよ。

 

「………」

沈黙とは人がもつ最強の防御壁です。何を言われようと黙ってしまいましょう。

 

「何読んでるの?」

「…………」

 

「ねぇ、何読んでるの?」

「………」

 

「…きいてる?」

「………」

 

「おい!」

「………」

 

「てめぇ!!」

 

あ、ダメです。暴力はいけません。でも、沈黙も言葉の暴力なのかもしれない、と考えると悪いのはこちらなのかもしれませんね。仕方がありません。暴力に屈しましょう。

 

「へー」にかぶせて「ヘイ!」と言う

「何読んでるの?」

「〇〇だよ」

「へ…「ヘイ!」」

 

これです。これなら相手の度肝をぬき、かつ自分自身も楽しくなること間違いなしです。オプションでそこから謎のリズムを刻むのもいいかと思います。

 

さらに「ヘイ! イャッホィ!」とたたみかけるとポイントが高いです。ただあなたに対する相手の好感度はだだ下がりでしょうが、気にしたら負けです。好感度で家賃は払えないのですから。

 

 

最後に

管理者:宴
ということで、今回は『読書中、「何読んでるの?」「〇〇だよ」「へー」と興味なさそうに言ってくる人をあしらう冴えたやり方5選』をお届けいたしました。
 

「何読んでるの?」「へー」のくだりは読書家であれば避けて通れぬ茨道。そんな時は本記事を思い出してください。絶対に責任は取りませんけどね。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。