PON!と宴





ネットショッピングするならやっぱりこのサイト『甘酢オン』ですよね

ご覧いただきありがとうございます。

PON!と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『何のスイッチなのか、よくわからないけれど、急に目の前に現れたスイッチ』と『ネットショッピング』って…ついポチっちゃうよね!
 

 

どうも、目に入ったスイッチは全て押すのが信条の宴です。

ただ、今まで一度もやる気スイッチだけは押したことがありません。

 

さて、そんなわけで今回は『ネットショッピングするならやっぱりこのサイト『甘酢オン』ですよね!』をお届けいたします。

 

 

ショッピングサイト大手といえば

 

みなさんは検索をしたことがありますか?

 

僕は日常的に検索をしています。

この前も、安い布団が欲しくて調べようと思いましてね。

 

で、やっぱり安い買い物といえばあのサイトから調べるべきだなぁ、と思って検索したんですよ。

すると、なぜだか上手く検索されなくて…

 

あれ、おっかしいなぁ、としばらくスマホと格闘していたのですが、結局原因はわかりませんでした。

 

ちゃんと検索したばすなのになぁ…

 

『甘酢オン』って。

 

 

大手ショッピングサイト

今や世界は便利という名の海水で大海原ができあがっています。

 

買い物をするにはお店に行かずとも、右手や左手を駆使してスマホやパソコンをポチポチするだけで、ウキウキショッピングを達成することができるのです。

なんて世の中だ!

 

かく言う僕もその便利さに赤ん坊のようにおぎゃおぎゃ甘えまして、頻繁に利用させてもらっています。

 

とくに深夜の人生に何の影響ももたらさないであろう無駄な自由時間には、右手や左手の活動が活性化してしまうので注意ですね。

気がつくとポチポチが止まらないことが多々あります。

ひょっとして僕は夜行性なのでしょうか。

 

で、僕がよく利用しているのが…

 

『甘酢オン』

 

という大手ショッピングサイトです。

 

一概には言えませんが、安い商品が多いですし、数多くのレビューもあるので、「もっと稼ぎたくない?」と言ってくるおせっかいな人よりは信頼性があります。

 

また、『甘酢オンプライム』や『甘酢オンkindleリミテッド』などのサービスも充実しているので何か欲しいものや気になるものがあれば、ついつい見いってしまうのです。

 

まるで初恋のようです。

甘酢だけに甘酸っぱいんですかね。

 

布団を変えたい

で、とある日、何の気なしに「そろそろ布団を変えた方がいいかもしれないなぁ」とふと思ったのです。

そういえば、この布団、幼稚園の頃から使っているなぁ、としみじみしながら。

 

よし、思い立ったら吉日。

僕は右手と左手に指令を出しました。

布団を調べよ! と。

徳川家康ならば家来にこう指示を出すであろう、という状況を想像し、僕の中に残されたすずめの涙程度の威厳を全開にして言いました。

布団を調べよ! とね。

 

ところが、こいつらが使えない部下でしてね。

何かスマホの操作が途中で止まっているわけです。

右手と左手には口がないのでしゃべることは出来ないのですが、おそらく「そんな馬鹿な!? 検索しても出てこない!!」と言っているようでした。

 

あまりにもあたふたモタモタ、略してあたモタしていたので、ええい! こいつが目に入らぬか!! という風情で、僕は彼らに言い放ってやりました。

 

何をしておるか!

 

どうしたのか気になって、僕はスマホを覗き込みました。

検索窓にはこう書かれていました。

 

甘酢オン

 

違和感

甘酢オン…

 

僕は金田一少年の事件簿や名探偵コナンやあやつり左近が大好きなのですが、作中で彼らはに頻繁に違和感というものにぶち当たります。

名探偵も歩けば違和感にあたるのです。

時たま、悪意により棒的なものにあたったり、あてられたりもしますけども。

 

『甘酢オン』という単語を聞いて、違和感がないと言えば嘘になります。

 

甘酢オン…何かいつもと違う気がする…

 

………

 

………………

 

…いや、気のせいです。

考えましたけど、『甘酢オン』で間違いありません。

 

僕はいつも甘酢オンで買い物をしていますし、甘酢オンプライム会員ですし、甘酢オンKindleリミテッドにも入っているのです。

 

甘酢オン以外の名称はありませんし、僕が勘違いとか思い違いをしているような気も全くしていません。

 

少しでも目があった異性はすぐにターゲットとして認識する僕です。

勘違いや思い違いをするはずがないのです。

 

 

甘酢オフ

何度甘酢オンで検索するも、そこはいろんな甘酢を作ってやろうという思惑が漂うばかり。

違うのです、僕は布団で甘酢を作りたいわけではなく布団を買いたいのです。

 

なんですか、揚げサーモンの甘酢って!

めちゃくちゃ美味しそうではないですか!

 

甘酢オン - Google 検索

 

けれど…甘酢オン…って一体何なのでしょうか?

 

甘酢はわかります。

料理名ですよね。

 

それをオン。

…オン?

 

どうしましょう、甘酢をオンするという状況がまったく頭に浮かんできません。

 

逆に言うと、甘酢オフもあるのでしょうか。

あんなに明るく元気な甘酢が今日はオフってるな〜とかそういうことなのでしょうか。

 

いやいや、何ですか、明るく元気な甘酢って!

 

未来へ進もう

それから何をどうしても、僕は甘酢オンから布団を買うことはできませんでした。

悲しいです。

 

でも、悲しみからは何も生まれません。

セルだって悲しみからセルジュニアを産んだわけではないはず。

むしろ喜んでいたような気さえしてきます。

趣味は出産です、と言ってもおかしくはない表情をしていた気がします。

 

人は未来へ進むため、ポジティブにならないといけないのです。

 

だから僕は甘酢を作ります。

そこに甘酢があったから。

 

甘酢オフしている場合ではないのです。

さぁ、今日から僕は甘酢オンだ。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。
 

 


 


にほんブログ村 本ブログへ