ブログ『本と宴』について。

 
 
ご来訪に感謝。
ところで、こんなことを思う時がないだろうか?
 

 

  • 『本と宴』ってどんなブログなのか。
  • 限りなく広がる時間という概念を消費したい。
  • 間違えてここまで来てしまった。

 

ちょうどよかった。

そんな人にオススメの記事がある。

当ブログ『本と宴』についてだ。

 

本と宴

f:id:s-utage:20210215150055j:plain

ブログ名:本と宴(ほん と うたげ)

書いてる人:宴(うたげ)

開始日:2021年1月15日(諸説ある)

 

『本と宴』は小説やエッセイをネタバレなしで書評していくブログ。読書好きな方に、次はこれを読んでみよう、と思っていただければ幸いである。

 

開設の経緯。

小説が、引っ越しで離れ離れになってしまった友達ぐらい好きだ。それを生かしたいという思いに駆られ『本と宴』を開設。

 

アウトプットの場であり、僕の読書記録でもある『本と宴』を、ペルシャ猫のように愛でていきたい。訪れた方にも愛していただけるよう試行錯誤していこうと思う。

 

どんなブログしたいか。

これから読む人に対して「次はこれを読んでみよう」と思われるようなコンテンツ作りに励んでいこうと思っている。

 

書評。

f:id:s-utage:20210407101034j:plain

いざやってみると、難しかった。文章を書く難しさもそうだし、どうすればこの作品の面白さを伝えられるのか。霊験あらたかな仙人が住んでいそうな山に籠ったつもりで試行錯誤したが、今もきちんと書けている保証はない。

 

けれど人生って保証がない方が面白いはずだ。

 

知らんけれど。

 

どこまでがネタバレか問題。

次は何を読もうかしらん、とあの日の大切な思い出のように思考を巡らせている方に向けて書くのだから、ネタバレは避けなければいけない。しかし、これが中々難しい。そもそもどこまでがネタバレなのか。

 

主人公の名前は? これはネタバレなのか? 

 

悩んだ挙句、あらすじを掲載して、そこにある情報はOKだろう、という基準に落ち着いた。ひょっとすると、あ、これネタバレじゃない? という見逃しポイントがある可能性もあるが、寛容な目でご容赦いただきたい。

 

ん?

たまに勢いのまま書いてしまい、自分でも何を書いているのかわからなくなる時がある。これで完成でいいのか? ネットにのせるわけだぞ? でもでも、この文章をのせたい! そういう時ってある。ええい、のせてしまえ。

 

 

リンク問題。

当ブログへのリンクは、連絡不要で自由に行って構わない。

ただし、インラインフレームの使用はご遠慮いただきたい。

 

なにかあればこちらから⇩