PON!と宴





読書のメリットと効果|読書中毒者が読書のいいこと教えます

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『気軽に入った施設でいきなり「おめでとうございます、100人目のご来場者です」と言われた時』と『いいこと』って…嬉しいよね!
 

どうも、宴です。

いいことって嬉しいよね。そうそう、いいこと、と言えば読書をしていると、いいことがたくさんあるよ。人間の数と同じくらいにね。

 

ということで、今回の記事は『読書中毒者が読書のいいこと教えますをお届けします。

 

 

 

 

読書のいいこと

読書には、株式投資ぐらいたくさんのメリットがありまして、その効果は絶大。よく言われているのが以下の項目です。

 

  • ストレス軽減効果
  • 脳の活性化
  • 長生きする
  • コミュニケーション能力向上

 

とはいえです。

読書をしていて、「ああ、今ストレス軽減されているわ~」、「ああ、今脳がめっちゃ動いてるわ~」と思ったことはないはずです。あったら怖いです。大丈夫でしょうか?

 

読書が運命の人のように心の底から大好きなのであれば、メリットも何も楽しいから読んでいるので無問題です。

 

が、これから読書をしよう、でも、何かいいことあるのかな? という打算的な方にとっては由々しき問題。

 

何か目に見えるいいことはないだろうか。ご安心ください。ご用意しております。

 

年間300冊読む僕の実体験に基づいてご案内いたします。いや、それは違うよ、と言う読書熟練者の方はちょっと静かにしていてください。嘘です。すいません。

 

①語彙力が上がる

語彙力はすごく実感します。今まで知らなかった言葉だったり、漢字を使うことが多くなりました。

 

とくにクイズ番組での漢字問題に意気揚々と答えられるようになり、ドヤっとすることができます。小学生であれば一躍ヒーローです。

管理者:宴
やったね! 

 

②想像力が増す。

空想や妄想が上手くなる、とかそう言うのではありません。いや、そういうのもあるのですが「こうなのかもしれない」という想像力が増します。

 

たとえば、今までだと嫌なことをされたりすると、「ふざけるな、黄泉の国へ連れて行くぞ」といった諍いが生まれたかと思いますが、「ひょっとするとこの人、悲しい出来事があったのかもしれない」となるわけです。

 

もちろん何もない可能性もあります。ただそれで怒ったり、イラッとすることも少なくなりましたし、相手の気持ちを慮ることができるようになったかと思います。

 

僕はかけがえのない優しさを手に入れたのです。

管理者:宴
優しさ第一主義だよ。 

 

③どこかへ行きたい気持ちが緩和される。

読書家の方ならばご経験があるはず。

 

読書というのは集中力を使います。すると、やがて無意識状態になり本に入り込んだ状態になるのです。VRやディズニーランドに似てるかもしれません。体験をして楽しむのです。

 

そのまま本の中で、いろんな国や場所へ行くと、不思議なのですが行った気になります。

 

もちろん実際に行ってみることには敵わないかもしれませんが、僕は今、どこにも行きたくありません。ずっと家にいたいです。

管理者:宴
絶対に外に出ないよ! 

 

④通勤や待ち時間が苦にならない。

通勤時間や待ち合わせに相手が遅れてしまった無駄な時間。ここで小市民の方はスマホをいじってしまうことかと思います。

 

が、スマホにも限界にも限界があるものです。惰性でゲームをしたり、それほど興味のないネット記事を見たり。そうするぐらいならばいかがでしょう。本を読んでは。

 

読書をすると、通過時間がパラダイスになり、待ち合わせに相手が遅れたとしても、「もっと遅れてこい。2、3時間は遅れてこい」と願うようになります。

 

神への祈りのような尊い願いです。

管理者:宴
ドタキャンでも構わない。
 

 

⑤すごい! 偉い! と言われる。

不思議なのですが、読書をしていると、「すごい! 偉い!」と神格化されることがあります。思わず、あれ、自分、教祖かビッグブラザーやっていたっけ? と勘違いするところでした。危なかったです。

 

どうやら人は、自分が出来ないことをしている人を見ると、無条件ですごい人認定をしてしまうようです。

 

正直、いい気持ちです。「はは、そんなことないっすよ」とはにかみつつ返答しますが、内心「もっと言え、崇めろ!」と思っています。どうやら僕は教祖かビッグブラザーのようです。血が騒ぎます。

管理者:宴
でも本当に崇められたら嫌! 

 

 

まとめ

管理者:宴
今回は『読書中毒者が読書のいいこと教えます』をお届けいたしました。
 

読書をするといいことがたくさんあります。今回書ききれなかったこともたくさんあります。枕にちょうどいい、とか。あ、ハードカバーですよ。文庫は低すぎます。

 

読書家の方も、これから読書をしてみよう、と意気込んでいる方も、この記事がモチベーションを上げることができれば幸いです。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。