PON!と宴





寺地 はるなさんの読んでおくべき傑作 6選|厳選した優しさと温かみにあふれた6冊を紹介!

管理者:宴 どうも、こんばんは。 寺地はるなさん大好きっ子の宴です。 今回は寺地はるなさんの作品がおもしろくて「やばい、こんなに優しくされたの生まれた日以来かもしれない…」と感動に至ったので、厳選した6冊を、誠に勝手ながらご紹介させていただこう…

銀杏BOYZの歌詞が素敵なおすすめの曲 11選

管理者:宴 どうも、こんばんは。 僕の青春は銀杏BOYZだった宴です。 memo 銀杏BOYZとは、2003年1月に結成。当初はボーカルである峯田和伸のソロ名義での活動だったが、その後、安孫子真哉、村井守、チン中村を迎え4人編成で活動。2013年に峯田和伸以外の3人…

夜に読みたくなる! 夜がテーマのおすすめ小説 7選

管理者:宴 どうも、こんばんは。 夜は切なくなりがちな宴です。 今回は『夜に読みたいおすすめの小説 7選』をお届けします。 読書をするなら夜! 夜が好き! 夜にぴったりの小説を知りたい! という方々におすすめの内容となっております。 最後まで、ごゆ…

【読書感想文】真梨 幸子『さっちゃんは、なぜ死んだのか?』 あらすじと感想と心に響いた言葉|殺害されたホームレスの秘密

管理者:宴 どうも、こんばんは。 さっちゃんに夢中な宴です。 真梨 幸子さんのイヤミスが、僕は大好きです。 で、この度、もうタイトルの時点でおもしろ臭が漂っている作品がありましたので、読んでみました。 ということで…今回は! 真梨 幸子さんの『さっ…

【名言 格言】小説家・村上 春樹の心に響く言葉 14選|高く堅固な壁と卵があったら、卵の側に立つ人に贈りたい言葉たち

管理者:宴 どうも、こんばんは。 村上春樹さんの言葉に酔いしれたい宴です。 memo 村上春樹さんは、1949年1月12日生まれの小説家・翻訳家です。1979年に『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビューしました。代表作は、『ノルウェイの森』(1987年)、…

コロナ禍の現在だからこそ読みたいおすすめの小説 6選|感染症・緊急事態下を描いた物語たちをお届けします

管理者:宴 どうも、こんばんは。 コロナ禍は大変だった宴です。 今回は『コロナ禍の現在だからこそ読みたいおすすめの小説 6選』をお届けします。 コロナ禍関連の小説が読みたい! コロナ禍は本当に大変だった! 感染症・緊急事態下を描いた小説が読みたい…

本の帯はなぜ付いているの? とっておくべき? 捨てるべき?|帯の保管方法も紹介!

管理者:宴 どうも、こんばんは。 本の帯は成り行き任せの宴です。 今回は『本の帯はなぜ付いているの? とっておくべき? 捨てるべき?』をお届けします。 本の帯がなぜついているのか知りたい! とっておくべきか、捨てるべきか、いつも迷う! 本の帯の保…

【語彙力向上】美味しい以外の言葉を使った味覚表現|『美味しい』を別の言葉で言い換えてみました

管理者:宴 どうも、こんばんは。 美味しい時は『美味しい』以外出てこない宴です。 今回は『美味しい以外の言葉を使った味覚表現』をお届けします。 美味しい時は『美味しい』しか言えない! 『美味しい』以外の言葉で美味しさを表現したい! 語彙力をあげ…

甘く危険な大人の恋! 不倫を描いたおすすめの小説 6選

管理者:宴 どうも、こんばんは。 不倫はしていないけど、何だかドロドロしている宴です。 今回は『不倫を描いたおすすめの小説 6選』をお届けします。 ドキドキしたい! 大人の恋愛物語を読みたい! 絶賛不倫中! という方々にぴったりな内容となっています…

2022年に大流行! 「知らんけど」の正しい使い方と例文

管理者:宴 どうも、こんばんは。 宴です、知らんけど。 memo 『知らんけど』とは、2022年になぜかSNSで流行りはじめ、ついには『ユーキャン新語・流行語大賞2022』に堂々のトップ10入りを果たした流行語です。主に関西圏でよく使用されていました。 という…