本と宴





【おすすめ本】『おすすめミステリー小説10選』のご紹介

f:id:s-utage:20220319002101p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『道に落ちていたランプをアラジンのように擦ってみたら煙が噴き出してきた時』と『ミステリー』って…何が出てくるのかドキドキするよね!
 

どうも、宴です。

落ちていたものを擦るのはやめた方がいい。万が一、煙が出てきたのであれば、魔人が出てくるよりも爆発する可能性の方が高いので、すぐ警察に連絡だ。出てくるかも、という希望を持ってはいけない。

 

ということで、今回は『おすすめミステリー小説10選』をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

ハサミ男/殊能 将之

あらすじ

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。

管理者:宴
現実なのか幻覚なのか、曖昧でぼやけたハサミ男の世界にうっとり。そして、驚くべき真実に、男だなんて信じるのはやめようと思いました… 

 

ディスコ探偵水曜日/舞城 王太郎

あらすじ

迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が“侵入”。人類史上最大の事件の扉が開いた。魂泥棒、悪を体現する黒い鳥の男、円柱状の奇妙な館に集いし名探偵たちの連続死―。「お前が災厄の中心なんだよ」。ジャスト・ファクツ!真実だけを追い求め、三千世界を駆けめぐれ、ディスコ。

管理者:宴
はっきり言ってカオス。けれど、カオスの中を泳ぐ気持ちよさがここにはある。この気持ちよさは読んでみないとわからない!
 

 

medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢 沙呼

あらすじ

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。

管理者:宴
霊媒によって犯人を暴き、推理で肉付け。これがまた爽快! と思いきや…悲しい嘘と悲哀にやられちゃう。
 

 

『吾輩は猫である』殺人事件/奥泉 光

あらすじ

時は一九〇六年、魔都・上海。あの「猫」は生きていた―「吾輩」の主人・苦沙弥先生殺害事件の謎を解くために、英吉利猫のホームズ、ワトソンも加わり、猫たちの冒険が始まる。夏目漱石『吾輩は猫である』でおなじみの寒月、迷亭、東風、そして三毛子、さらには宿敵・バスカビル家の狗も登場。謎が謎を呼ぶ超弩級の猫ミステリー。

管理者:宴
これあの夏目さんが書いた続編だよ、と言われれば騙されてしまいそうな漱石感がすごい! 加えられたケミストリーにより、さらにとんでもないことに!!
 

 

アリス殺し/小林 泰三

あらすじ

最近、不思議の国に迷い込んだアリスという少女の夢ばかり見る栗栖川亜理。ハンプティ・ダンプティが墜落死する夢を見たある日、亜理の通う大学では玉子という綽名の研究員が屋上から転落して死亡していた―その後も夢と現実は互いを映し合うように、怪死事件が相次ぐ。そして事件を捜査する三月兎と帽子屋は、最重要容疑者にアリスを名指し…邪悪な夢想と驚愕のトリック!

管理者:宴
中毒性に塗れたキャラクターたちと設定が唯一無二の世界観を演出。アリスの知識があれば、もっと楽しめるかも。
 

 

 

倒立する塔の殺人/皆川 博子

あらすじ

戦時中のミッションスクールでは、少女たちの間で小説の回し書きが流行していた。蔓薔薇模様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記されたその美しいノートは、図書館の書架に本に紛れてひっそり置かれていた。ノートを手にした者は続きを書き継ぐ。しかし、一人の少女の死をきっかけに、物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになり…物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリー。

管理者:宴
厳しい現実の中、強く気高い少女たちにうっとり。どこか幻想的な雰囲気を感じる一冊。
 

 

透明人間は密室に潜む/阿津川 辰海

あらすじ

透明人間による不可能犯罪計画。裁判員裁判×アイドルオタクの法廷ミステリ。録音された犯行現場の謎。クルーズ船内、イベントが進行する中での拉致監禁―。絢爛多彩、高密度。ミステリの快楽を詰め込んだ傑作集!

管理者:宴
どの物語もミステリに抜かりがない傑作短編集。ミステリイベントで用意された盛大なサプライズにドッキリ! これはミステリのバラエティパックだね。
 

 

向日葵の咲かない夏/道尾 秀介

あらすじ

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

管理者:宴
物語が壊れていく瞬間の恍惚感ってたまらない! 小説はちょっと狂っている方がおもしろいよね。
 

 

儚い羊たちの祝宴/米澤 穂信

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

管理者:宴
環境が生んだ甘さとちょこちょこ顔を出す狂気と不穏に陶酔。上流階級の漂う雰囲気に痺れる!
 

 

神様ゲーム/麻耶 雄嵩

あらすじ

小学四年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめることにした。そんな時、転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と明かされる。大嘘つき?それとも何かのゲーム?数日後、芳雄たちは探偵団の本部として使っていた古い屋敷で死体を発見する。猫殺し犯がついに殺人を?芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのだが…。

管理者:宴
残酷な真実と疑心暗鬼にワクワクが止まらない! でも、芳雄は容赦なく打ちのめされたようで、静かに眼を閉じた…
 

 

 


 


にほんブログ村 本ブログへ