本と宴





【ネタバレなし】部屋が泣いている|乾くるみさん『物件探偵』 書評・感想文と心に残った言葉・名言

f:id:s-utage:20220318160225p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『あれ、あそこの地面ひょっとして落とし穴っぽいけど…あ! 人が、人がそこを通りそう! って時』と『物件』って…ワクワクするよね!
 

どうも、宴です。

物件を借りようと内見している時ってワクワクしますよね。でも、借りたり購入する予定があるのであれば気をつけてほしいのです。そこには落とし穴があるかも…

 

ということで、今回は乾くるみさんの『物件探偵』をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

物件探偵/乾くるみ

あらすじ

高利回りのマンションを手に入れたはずが、オーナー生活はなぜか4ヵ月で終了。新幹線の座席が残された部屋、HDDから覚えのない録画が流れたり、バルコニーに鳩の死骸を見つけたり。全て何者かの嫌がらせなのか?格安、駅近、など好条件にも危険が。事故物件をチェックしただけでは見抜けない「謎」を宅地建物取引を極める不動尊子が解明。物件×人を巡る極上ミステリー6話。(「BOOK」データベースより)

物件 10/10点
ドキドキ /10点
感動 /10点
切なさ /10点
読みやすさ /10点
総評 /10点

 

書評・感想文

f:id:s-utage:20220331102855p:plain

不動産には危険がいっぱい

マンションを買いたい、引っ越したい。そんな時、人はこう思うことでしょう。何かよくわからないけれど、不動産屋に任せておけば大丈夫だろう。だってプロだし。

 

いやいや、ちょっと待って頂きたい。まずは本作『物件探偵』を読んではいかがでしょうか。なぜならば、不動産や物件には思いがけない危険な罠が潜んでいるかもしれないのですから…

 

物件ミステリー

本作は物件探偵と言いつつも、物件で殺人事件がおきて…という物語ではございません。物件を探している最中に、「お、ここはいいぞ」と心奪われるも、「あら、何かおかしい気が…でも何が?」といった具合のところに颯爽と現れ、物件探偵(と名乗ってはいないのだけれど)こと不動尊子さんが、「これはこういうことですね」と小気味よく解決してくれる物件ミステリーなのです。

 

こういうこともあるんだね、と肝に銘じると共に物件に関する知らなかったことも知れるので一石二鳥ですね。

 

何がおこるかわからない世の中だから

そして、三鳥目が不動尊子のキャラがなんともたまらないのです。彼女は物件探偵として活動しているわけではなく、ただ物件の異変を察知し、物件のことを想い、涙を流すのです。なんて可憐な子なのでしょう。

 

世の中、何がおこるかわかりません。絶対に起こりえないことなんかないのが現代社会。これから不動産屋に赴こうとしている人は、一度物件探偵を読んでみることをおすすめいたします。不動尊子と一緒に涙を流してみようではありませんか。

 

 

心に残った言葉・名言

「部屋が泣いています」

管理者:宴
え、部屋が…?
 

 

絶対に起こり得ないことだとまでは言えない。そして起こり得ることは実際に起こるのが、この世の常なのだ。

管理者:宴
この世は摩訶不思議。
 

 

「このアパートは悲鳴を上げています」

管理者:宴
そんなアパート嫌だよ!
 

 

ちなみにルーフバルコニーっていうのは、バルコニー部分の真下が、下の階のベランダではなく室内という位置関係にある場合のときに特にそう呼ばれる。

管理者:宴
そうだったのか! 

 

「とても気持ちのいい部屋ですね。小鳥の囀りのような爽やかな声が聞こえます」

管理者:宴
いや、気持ち悪いよ!
 

 

「このアパートが呻いています。ワタクシにはその声が聞こえます」

管理者:宴
だから、怖すぎるよ!!
 

 

「——部屋が涙を流しています」

管理者:宴
雨漏りかしらん?
 

 

あちこちからキャラをパクっ――リスペクトした結果、生まれたキャラなのですねワタクシって。

管理者:宴
絶対パクってる!
 

 

乾くるみさんの他作品

 

 

最後に

管理者:宴
今回は乾くるみさんの『物件探偵』を紹介してきました。
 

物件を借りようとしている人、マンションの購入予定がある人、部屋が涙を流している人にはおすすめだから、ぜひ読んでみてね。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。