本と宴





【おすすめ本】『2022年3月に読んだおすすめ本10選』のご紹介

f:id:s-utage:20220326175639p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『行儀よく真面目なんてできやしなかった人』と『3月』って…卒業だよね!
 

どうも、宴です。

卒業は明るい未来への旅立ちでもあるし、この支配からの卒業でもあるよ。何にしても前向きな気持ちで生きていこうね。

 

ということで、今回は『2022年3月に読んだおすすめ本10選をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

春のこわいもの/川上未映子

あらすじ

ギャラ飲み志願の女性、深夜の学校へ忍び込む高校生、寝たきりのベッドで人生を振り返る老女、親友をひそかに裏切りつづけた作家…かれらの前で世界は冷たく変貌しはじめる。これがただの悪夢ならば、目をさませば済むことなのに。感染症が爆発的流行を起こす直前、東京で6人の男女が体験する、甘美きわまる地獄めぐり。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
明るい陽気とは違う春の側面に心が支配されていく。そして、迫りくる感染症がこわいものを猛プッシュ。春のこわいものの完成だ! 

 

四畳半タイムマシンブルース/森見登美彦

あらすじ

炎熱地獄と化した真夏の京都で、学生アパートに唯一のエアコンが動かなくなった。妖怪のごとき悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。残りの夏をどうやって過ごせというのか?「私」がひそかに想いを寄せるクールビューティ・明石さんと対策を協議しているとき、なんともモッサリした風貌の男子学生が現れた。なんと彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいい!小津たちが昨日の世界を勝手気ままに改変するのを目の当たりにした「私」は、世界消滅の危機を予感する。『四畳半神話大系』と『サマータイムマシン・ブルース』が悪魔合体?小説家と劇作家の熱いコラボレーションが実現!(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
前回は並行世界だったけれど、今回は時間。昨日の世界ではちゃめちゃする森見節は最高潮に達する!
 

 

十の輪をくぐる/辻堂ゆめ

あらすじ

スミダスポーツで働く泰介は、認知症を患う80歳の母・万津子を自宅で介護しながら、妻と、バレーボール部でエースとして活躍する高校2年生の娘とともに暮らしている。あるとき、万津子がテレビのオリンピック特集を見て「私は…東洋の魔女」「泰介には、秘密」と呟いた。泰介は、九州から東京へ出てきた母の過去を何も知らないことに気づくー。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
母の子を想う気持ちに胸を打たれる。記憶を失うことは本当に怖いことだけど、だからこそ気づけることもあるのかも。
 

 

青春とは、/姫野 カオルコ

あらすじ

コロナ禍のさなか、家でひきこもっていた女性が見つけた名簿と一冊の本。地方の高校に通っていた記憶が、映画を見ているかのように浮かびあがる。『ラブアタック!』、『パンチDEデート』、「クミコ、君をのせるのだから。」、ミッシェル・ポルナレフ、スタイリスティックス、『ミュージック・ライフ』、『FMレコパル』、旺文社のラジオ講座…そして、夜の公衆電話からかけた電話。「今からすれば」。見る目を広めた彼女の胸に、突如湧き上がる思いとは。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
まさに本作は『青春とは、』を描いている。一昔前の昭和レトロを味わいつつも、姫野カオルコさんが彩る物語に、思わず自分の青春を振り返れずにはいられない! 

 

貘の耳たぶ/芦沢央

あらすじ

自ら産んだ子を「取り替え」た、繭子。発覚に怯えながらも、息子・航太への愛情が深まる。一方、郁絵は「取り替えられた」子と知らず、息子・璃空を愛情深く育ててきた。それぞれの子が四歳を過ぎた頃、「取り違え」が発覚。元に戻すことを拒む郁絵、沈黙を続ける繭子、そして一心に「母」を慕う幼子たち。切なすぎる「事件」の、慟哭の結末は…。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
偽わりのない子を想う母親の気持ちが衝撃的! 子どもという存在、血の繋がり。いろんなことを考えてしまう一冊。
 

 

 

△が降る街/村崎羯諦

あらすじ

「俺と麻里奈、付き合うことになったから」三人の関係を表したような△が降る街で、“選ばれなかった少女”が抱く切ない想いとはー?(「△が降る街」)。「このボタンを押した瞬間、地球が滅亡します」自宅に正体不明のボタンを送り付けられた男に待ち受ける、まさかの結末とはー?(「絶対に押さないでください」)。大ベストセラーショートショート集『余命3000文字』の著者が贈る、待望のシリーズ第二弾。泣き、笑い、そしてやってくるどんでん返し。朝読、通勤、就寝前のすきま時間を彩る、どこから読んでも楽しめる作品集。書き下ろしを含む全二十五編を収録!(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
とにかく村崎羯諦さんの発想に脱帽。△が降るなんてどうやって思いつくのだろう。そして、そこからどう物語を作り出したのだろう。驚きのあまり開いた口が塞がらない!
 

 

グランド・フィナーレ/阿部和重

あらすじ

「二〇〇一年のクリスマスを境に、我が家の紐帯は解れ」すべてを失った“わたし”は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕方」二人の女児と出会った。神町ー土地の因縁が紡ぐ物語。ここで何が終わり、はじまったのか。第132回芥川賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
主人公はそれなりの最低野郎。けれど、根っからの悪人ではない。人間の弱さ、そして、弱さがあるからこその人間を描いた一冊。
 

 

生命式/村田沙耶香

あらすじ

文学史上、最も危険な短編集。自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる12篇。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
クレイジー紗耶香さんは今作も絶好調! 狂気的な内容ながらも、ふと考えさせられてしまう。正常とは何なのかを。 

 

夏の体温/瀬尾まいこ

あらすじ

夏休み、小学三年生の瑛介は血小板数値の経過観察で一ヶ月以上入院している。退屈な病院での日々。そんなある日やって来たのが、「俺、田波壮太。三年。チビだけど、九歳」と陽気に挨拶する同学年の男子だった。低身長の検査入院らしい。たちまち打ち解けた二人。壮太は、遊びを考える天才だった!-でも一緒にいられるのは、あと少ししかない。「夏の体温」(表題作)。「出会い」がもたらす「奇跡」を描いた作品集。中学国語教科書に掲載された掌編も収録!(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
ひと夏の友情に体温上昇。病院暮らしのはずの瑛介が感じた夏の体温は、かけがえのない二人の友情の証だ!
 

 

ひまわりは恋の形/宇山佳佑

あらすじ

『桜の花びら集めてみませんか?』不思議なバイトの依頼主・雫に恋をした日向。彼女に振り向いてもらいたい。そう願う彼だったが、あるとき、雫の“秘密”を知ってしまう。なんと彼女は一年でたった一週間しか起きていられないという不思議な体質の持ち主だった。思い悩む日向。どれだけ逢いたくても、夢の中には逢いにゆけない。夢と現実に引き離された、究極の遠距離恋愛が今はじまるー。ベストセラー作家が紡ぐ究極のラブストーリー。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
運命のような出会いに歯がゆい状況。それでも逢いたい、繋がりたいと想う気持ちに胸が打たれる。究極の遠距離恋愛を描いた一冊に涙。 

 

 


 


にほんブログ村 本ブログへ