本と宴





『2022年4月発売の気になる小説』のご案内

f:id:s-utage:20220326175633p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『不倫がバレた直後の人』と『4月』って…嘘をつくよね!
 

どうも、宴です。

嘘はダメだけれど、唯一ついていいのが4月1日エイプリルフール。でも、悪質な嘘はつかないように気をつけようね。真に受ける人もいるのだから。

 

ということで、今回は『2022年4月発売の気になる小説のご案内をさせていただきます。

 

 

 

 

4月4日頃発売

八月の母/早見和真

あらすじ

愛媛県伊予市。越智エリカは海に面したこの街から「いつか必ず出ていきたい」と願っていた。しかしその機会が訪れようとするたび、スナックを経営する母・美智子が目の前に立ち塞がった。そして、自らも予期せず最愛の娘を授かるがー。うだるような暑さだった八月。あの日、あの団地の一室で何が起きたのか。執着、嫉妬、怒り、焦り…。人間の内に秘められた負の感情が一気にむき出しになっていく。強烈な愛と憎しみで結ばれた母と娘の長く狂おしい物語。ここにあるのは、かつて見たことのない絶望か、希望かー。(「BOOK」データベースより)

管理者:宴
母と娘に一体何が…!?
 

 

月の王/馳星周

あらすじ

大戦の暗雲が迫る、魔都・上海。帝国陸軍特務機関所属の伊那雄一郎は、田辺少佐から緊急招集を受ける。伝えられたのは、駆け落ちした華族令嬢・一条綾子の身柄を、各国の特務機関や蒋介石隷下の藍衣社に先んじて確保せよという密命だった。しかも、皇室から直接派遣された謎の男・大神明と共に遂行せよという。渋りながらも拝命した伊那であったが、藍衣社の異能戦闘集団を率いる杜龍と四天王に急襲される。死地を救ったのは、身に「月」を背負って人間を遥かに凌駕した膂力で戦う、大神その人であった。やがて、各国の特務機関やマフィアの青幇をも巻き込み、上海租界を血の暴風が吹き荒れるーー。最後に勝つのは……誰だ!?(出版社より)

管理者:宴
人間を遥かに凌駕した膂力…!?
 

 

4月6日頃発売

チョウセンアサガオの咲く夏/柚月裕子

あらすじ

美しい花には毒がある 献身的に母の介護を続ける娘の楽しみとは……。柚月裕子は短編も面白い 「佐方貞人」シリーズ、「孤狼の血」シリーズ、『盤上の向日葵』『慈雨』など数々のベストセラー作品を世に送り出してきた著者。ミステリー、ホラー、サスペンス、時代、ユーモアなど、デビュー以来の短編をまとめた、初のオムニバス短編集。「佐方貞人」シリーズスピンオフ「ヒーロー」収録。(出版社より)

管理者:宴
どんな短編になるのかな? 

 

4月8日頃発売

剣持麗子のワンナイト推理/新川帆立

あらすじ

亡くなった町弁のクライアントを引き継ぐことになってしまった剣持麗子。 都内の大手法律事務所で忙しく働くかたわら、業務の合間(主に深夜)に一般民事の相談にも乗る羽目になり……。 次々に舞い込む難題を、麗子は朝までに解決できるのか!?(出版社より)

管理者:宴
ワンナイトありな人なんだね。 

 

ついでにジェントルメン/柚木麻子

あらすじ

分かるし、刺さるし、救われるーー自由になれる7つの物語。 編集者にダメ出しをされ続ける新人作家、女性専用車両に乗り込んでしまったびっくりするほど老けた四十五歳男性、男たちの意地悪にさらされないために美容整形をしようとする十九歳女性……などなど、なぜか微妙に社会と歯車の噛み合わない人々のもどかしさを、しなやかな筆致とユーモアで軽やかに飛び越えていく短編集。(出版社より)

管理者:宴
早く自由になりたい…
 

 

4月13日頃発売

さよならに反する現象/乙一

あらすじ

心霊写真の合成が趣味の僕が撮影をしていると、一人の女性がカメラに映りこんできた。しかし撮影されたデータには無人の交差点が映っているだけだった。映りたがりの幽霊、悠川さんがこの世に残した未練とは……?(『悠川さんは写りたい』より) ほか、乙一贈る恐ろしくて切ない出会と別れの短編集。(出版社より)

管理者:宴
映りたがらないで!! 

 

スタッフロール/深緑野分

あらすじ

戦後ハリウッドの映画界でもがき、爪痕を残そうと奮闘した特殊造形師・マチルダ。 脚光を浴びながら、自身の才能を信じ切れず葛藤する、現代ロンドンのCGクリエイター・ヴィヴィアン。 CGの嵐が吹き荒れるなか、映画に魅せられた2人の魂が、時を越えて共鳴する。 特殊効果の“魔法”によって、“夢”を生み出すことに人生を賭した2人の女性クリエイター。その愛と真実の物語。(出版社より)

管理者:宴
戦後のハリウッドって想像がつかない!
 

 

 

4月20日頃発売

爆弾/呉勝浩

あらすじ

些細な傷害事件で、とぼけた見た目の中年男が野方署に連行された。 たかが酔っ払いと見くびる警察だが、男は取調べの最中「十時に秋葉原で爆発がある」と予言する。 直後、秋葉原の廃ビルが爆発。まさか、この男“本物”か。さらに男はあっけらかんと告げる。 「ここから三度、次は一時間後に爆発します」。 警察は爆発を止めることができるのか。 爆弾魔の悪意に戦慄する、ノンストップ・ミステリー。(出版社より)

管理者:宴
預言者!?