本と宴





【おすすめ本】素晴らしい青春小説だけではない、心をざわつかせる重厚な小説もね『米澤穂信さんのおすすめ小説8選』を紹介しよう

f:id:s-utage:20211125202454p:image

 

管理者:宴

ご覧いただきありがとうございます。

ところで、『付き合う異性の体重を気にしない人』と『米澤穂信』って、軽いのから重いのまで幅広いよね。
 

 

どうも、宴です。

人は見た目じゃない、中身が大事なんだ。でも、100㎏を超えている場合は、それはちょっと話が違うので考えさせてほしい。

 

まぁ、そんなわけで、今回は『米澤穂信さんのおすすめ小説8選』を紹介していこうと思う。

 

 

古典部シリーズ

あらすじ

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

 

青春とは何か。それは知ろうとすることと知ることである。知りたがりの少女とやる気がないけど冴えた少年。二人の出会いから始まる古典部シリーズは、まさに青春。ちょっとほろ苦くもあるけれど、羨ましくもある青春だ。

 

一作目『氷菓』

二作目『愚者のエンドロール』

三作目『クドリャフカの順番』

四作目『遠まわりする雛』

五作目『ふたりの距離の概算』

六作目『いまさら翼といわれても』

 

管理者:宴
古典部と酢昆布って似てるね。 

 

小市民シリーズ

あらすじ

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

 
小市民を目指す小鳩君と小佐内さん。ところが、この二人どうやら小市民には向いていないようで…シリーズを追うごとに露わになってくる二人の異常性が癖になってたまらない。気づけば、もっとください、と懇願するほどだ。
 

一作目『春期限定いちごタルト事件』

二作目『夏期限定トロピカルパフェ事件』

三作目『秋期限定栗きんとん事件』

四作目『巴里マカロンの謎』

 
管理者:宴
甘いものが食べたくなる。
 

 

犬はどこだ

あらすじ

開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。―それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして…いったいこの事件の全体像とは?犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵、最初の事件。新世代ミステリの旗手が新境地に挑み喝采を浴びた私立探偵小説の傑作。

 
語り手のキャラクター性のせいか、他作品に比べると勢いを感じる。このまま勢いで押し切るのかな、と思えばさすが筆者。やはり、ドカン! と読者の心に驚きを打ち込んでくる。読了後、僕と主人公は嘆く「犬はどこだ」と。

 

管理者:宴
猫も探してあげて。
 

 

 

ボトルネック

あらすじ

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。

 
もうどうしようもなかったのだ。ところが、自分のいない世界、自分の代わりがいる世界を目の当たりにした時、それがどうしようもなかったことではない、と思い知らされた時、何を思うのか。もしもの物語は、心をちくりちくりと刺してくる。この青春の影は、もはや闇のようなものなのかもしれない。

 

管理者:宴
どうすればいいのか、わからなくなる。 

 

満願

あらすじ

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

 

どの物語もアイディアとバラエティに富んでおり、一つ一つの主題が短編の域を超えてお腹いっぱい。気がつけば入り込んでいるミステリーにハラハラし、衝撃の展開に驚き、暗い影を落とす物語に心地よく感じる暗澹。感情を揺さぶられる全六篇は、そこら辺のレストランのフルコースよりもフルコースだ。

 

管理者:宴
ざわつきが気持ちいい。
 

 

儚い羊たちの祝宴

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

 

諸君、上流階級とはこう狂うのだよ、といった風情のお手本のような狂気が心地いい。環境が生んだ甘い物語と、しばしば顔を出す不穏なものが僕を陶酔させ、これだよ、これ、求めていたのはこれなのだよ、とかつてない高揚に身震いが止まらない一冊だ。

 

管理者:宴
痺れる。 

 

 

本と鍵の季節

あらすじ

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが…。図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。

 

本に関わる事件や謎。それを暴いていくのは図書委員二人の、時折ふふ、と笑いも零れるような小粋なトーク。え、今事件起きてたのですか? という状況の中、彼らのトークは冴えに冴え、推理後は爽快な気持ちにさせてくれる。この二人、とてもいいコンビなようだ。

 

管理者:宴
これからもずっと仲良くね。 

 

黒牢城

あらすじ

「おぬしならばこの曲事を解ける」本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。

 

有岡城を舞台にした物語はただただ血なまぐさいミステリというだけではない。当時の切迫した状況と人生観が交錯した歴史ロマンでもある。そんなロマンの立役者が二人いる。どんな状況であろうとも戦い抜く軍師の鏡である黒田官兵衛。場内でおこる事件に四苦八苦する荒木村重。二人が鍵となる歴史ミステリは、歴史の一片に残る戦いとなることだろう。

 
管理者:宴
歴史ってミステリ。 
 


 


にほんブログ村 本ブログへ