本と宴





【ネタバレなし】チョコレートが奪われた国の物語|アレックス・シアラーさん『チョコレート・アンダーグラウンド』 書評・感想文と心に残った言葉・名言

f:id:s-utage:20220318160309p:plain

ご覧いただきありがとうございます。

本と宴へようこそ。

管理者:宴
ところで、『都会に出てビッグになる、と熱く語る人間の考え』と『チョコレート』って…甘いよね!
 

どうも、宴です。

チョコレートなしの人生なんてもはや考えられない。あの甘さがない人生なんて考えただけでも悍ましい…でも、なんとそんな国が存在したのです!

 

ということで、今回はアレックス・シアラーさんの『チョコレート・アンダーグラウンド』をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

チョコレート・アンダーグラウンド/アレックス・シアラー/金原瑞人

あらすじ

舞台はイギリス。選挙で勝利をおさめた“健全健康党”は、なんと“チョコレート禁止法”を発令した!国じゅうから甘いものが処分されていく…。そんなおかしな法律に戦いを挑むことにしたハントリーとスマッジャーは、チョコレートを密造し、“地下チョコバー”を始めることにした!チョコレートがこの世からなくなったら、あなたはどうしますか?禁チョコなんて、ダイエットのときしかしたことない!読めばきっと、チョコレートが食べたくなる…。(「BOOK」データベースより)

チョコレート 10/10点
ドキドキ /10点
感動 /10点
切なさ /10点
読みやすさ /10点
総評 10/10点

 

書評・感想文

f:id:s-utage:20220329094354p:plain

チョコレートが奪われた国

チョコレートが三度の飯よりも大好きです。たとえ三度の飯がチョコレートでも一向に構いませんし、この世界の半分がチョコレートでも一向に構いません。むしろ流れ星に願ってやみませんし、初詣の時も願ってやみません。

 

そんなチョコレート好きな僕の心をくすぐる傑作が現れました。本作『チョコレート・アンダーグラウンド』は、チョコレートが禁止され、自由を奪われた国が舞台の物語です。チョコレートが食べられなくなるなんて発狂ものですね。

 

横行する理不尽

そこではとにかく理不尽が横行。所持していた場合にはとんでもなく酷い目に合わせられます。好きなものを奪われた人々は悲しみ、そして、恐怖します。その様は非人道的です。

 

が、チョコレート好きな人々もただ黙っているわけではありません。どうにかしてチョコレートを食べたい、こんな理不尽に虐げられてたまるか! と抗い始めます。はたしてチョコレートを自由に食べられる日はやってくるのでしょうか。どうなるのかわからない緊迫感が全てのページに漂っています。

 

チョコレートよりも大事なもの

ユーモアも冴え、寓話のような印象を抱きますが…あれ、このような国どこかで見たことが、というか、聞いたことがあるような…

 

本作で奪われたのはチョコレートでした。でも、もしそれが尊厳や自由だったとしたならば…この物語はチョコレートよりも、もっと大事な何かを訴えているのかもしれません。

 

…いや、チョコレートよりも大事なものなんてありませんでした。申し訳ございませんでした、チョコレートさん。

 

 

心に残った言葉・名言

チョコレートのかわりになるものなんて、ありっこないんだから

管理者:宴
あるわけがないっ!
 

 

「出すぎた善行なんてものはよけいなお世話だ。自分の考えを人に押しつけるってことだからな」

管理者:宴
何でも出しすぎはよくないよね。
 

 

おかしなことに、全然嘘をつかなくても、真実の多くの部分を話さないですませることはできる。なにも言わないだけでいい。沈黙というのは、非常に便利なものなのだ。

管理者:宴
沈黙だけで人生のりきれる説。
 

 

「人には、食べたいものを自分で決める自由と権利がある!」

管理者:宴
だから僕は365日チョコレート生活!
 

 

復讐は酸のようなものだ。触れた者を、必ずむしばんでしまう。魂そのものをくさらさせるんだよ。

管理者:宴
復讐反対だけど、復讐酸性。
 

 

『すぐにもどります』という掲示の意味は『すぐにもどる』から『もう一度会えればラッキー。待つつもりなら、テントの用意を』まで、幅が広い。

管理者:宴
行けたら行く、と同じやつだね。
 

 

すべての人に

自由と正義とチョコレートを。

管理者:宴
人間の三大権利だね。
 

 

アレックス・シアラーさんの他作品

 

 

最後に

管理者:宴
今回はアレックス・シアラーさんの『チョコレート・アンダーグラウンド』を紹介してきました。
 

チョコレート大好きな人、チョコレートの密売をしていた人、地下チョコバーを営業していた人にはおすすめだから、ぜひ読んでみてね。

 

それでは本日はこのへんで。

ご覧いただきありがとうございました。

管理者:宴
またのお越しをお待ちしております。